07
    1
    2
    3
    4
    5
    6
    7
    8
    9
    10
    11
    12
    13
    14
    15
    16
    17
    18
    19
    20
    21
    22
    23
    24
    25
    26
    27
    28
    29
    30
    31
       

    スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    新年度

     多くのことがありました。

     一週間前まであったいくつもの町が、いまやなくなってしまうという出来事。万を超える人たちの生が失われ、さらに増えていくだろうこと。今夜も避難した場所で眠りについているたくさんの家族や子どもたちがいるという事実。さらにいまこの瞬間にも前線で命をかけて、職務を果たしているプロの方たちもいます。
     そのひとつひとつが悲劇と呼ぶにはあまりにもリアルな現実です。しかも現在進行形の。
     
     何事をしながらも、皆の視線は遠く、表情はどことなく気高い。このような時だからこそ、それぞれの日常もまもっていかなくてはならない。一方でいまだからこそできること、語り得ることもあるでしょう。
     私たちは私たちの領分で、ここ数日、いまだからこそますます価値を帯びるだろうことにも注力しました。また近々、いくつかをご紹介できることでしょう。

     それにしても、新しくお預かりした子たちも含め、あらためて、この目の前の子どもたちのかけがえのなさというものを強く感じました。



     当教室はこの3月から、新しい年度を迎えました。新しいスタッフも何人か加わっていただきました。機会があるごとに紹介をしていきますが、いずれも優秀なだけではない人たちです。

     場というのはそこに関わる人によって、決定的に質が変わります。しかもその人材がその場にどのような姿勢で関わるかというのも重要な要素です。私はこれまで多くの場に関わった経験からそのことを痛感しています。その意味で、ここに関わっていただいている人たちは表に出てきてない方でも実に魅力的で、かつ信頼できる方だらけで、おまけに見えていないところでもお互いのために一生懸命にやってくれる。

     3年目を迎え、内側もそのような場になり得ていることにほんとうに安堵と感謝をしています。


     今回のような大きな経験を前に考えざるを得ないことですが、子どもたちにはこの先に実にいろいろなことがあります。災害だけではありません。人間関係にも悩むでしょうし、ちょっとしたいたずら心を起こすようなこともあるでしょう。性の問題も当然に通過しなくてはなりません。

     そういったあれこれの時に、親はすでに会話相手、相談相手にならない場合が多いのが現実です。そのときその子の周囲に相談できるまともな大人がいるかどうか。これはその場に子どもを通わせるにあたってかなり大きな要素だと思います。

     その意味では、先生だけではなく、バイトで関わってくれている大学生も、裏方の人も、子どもたちが誰に話を聞きにいっても信頼して任せられるという場であることは、安心もできるし誇れることだろうと、感じます。




     ところで、私はこれまで多くの場で「経営者」や「実質的リーダー」という位置の人物たちと付き合いがありました。表の打ち出しとは別に、裏にまわると悩んでいる人が多かったと思います。なぜ「従業員」たちは十分な働きをしてくれないのか。所詮はうちの会社の規模では優秀な人材は集まらないのか。
     分析した(してもらった)結果、足りないのは「研修」だという結論になって、「従業員」たちは、長い研修を受けさせられ、レポートを書かされるというような場所もありました。しかしこれまでそれをさせられた立場の人はその効果のほどを知っていることでしょう。なおかつ、そのような結論を出す経営者や会社に対し、本音の評価はあがるのか下がるのか。自主的なやる気は出るのか削がれるのか。それも経験しているはずです。
     そしてスタッフはいつここから抜け出そうかということばかりを考えだす。

     何か大事なポイントが抜けているわけです。しかしそれが何であるかはついにわからない経営者もいます。根本的にスタッフを信用していないという本音をもらす人もいました。
     しかし信用をされていないスタッフが信用に足る働きを持続的にしようとはたして考えるのか。もしもいたとしてそういう人物はその場に長くとどまるのか。

     そしてこれがもしも「教育」を標榜する会社だとしたら、はたして実際の「教育」だけは全体でまともに実行できるのでしょうか。子どものやる気だけは自主的に引き出せるのか。
     
     とはいえ、実際の現場では優秀で子ども思いの先生やスタッフもたくさんいることも知っています。そういう人たちは内部でまさにいま、そのような問題点を感じている人もいることでしょう。不本意ながらいまのような形で日々を過ごしているという人も多いでしょう。 
     そういう人たちにも何かヒントを与えられないか。

     わたしたちの将来的な課題でもあります。



     さて若きN先生、年の近いお姉さん役、または姉御役でこれから活躍してくれることでしょう。釣りバカ日誌はどうしたという声も上がっている中、筆無精の我々に代わって早速ブログにも参加してくれました。
     彼女の更新頻度がこれからもっとも増えるはずです。



     明日の一日が少しでも良い方向に進展すれば良いのですが。


                                             ー祈りをこめて…

     ばへのリンク→数理言語教室 ば
     H.I.
    スポンサーサイト

    theme : 子供の教育
    genre : 学校・教育

    感謝!

    いつもお世話になっております。

    blog、久しぶりに動きましたね(笑)

    震災直後の授業で、次女Hが
    「今日、ばで地震はどうやって起こるのか?を教えてもらった。丁度、どうやって起こるんやろ?と思ってたとこやってん」と。

    また、長女がW先生から、「もし時間があったら読んでみて下さいね。」と薦められたのが、鴨長明の「方丈記」でした。

    あ~なんてタイムリーな教えを子供達に説いて下さるんだろう...と感動した母でした。

    有り難うございます。

    ありがとうございます。

     いつもコメントありがとうございます。
     あの日は震災の翌日でした。数理の科目で地震をテーマとして扱うのはここしかないと考え、予定をまったく変更して行いました。
     
     そのうちにその内容はここでも触れるつもりです。

     W先生の授業での試みは、ほんとうに貴重ですね。おまけに各所で成果も出ています。いままで文章を書くのが苦手だったMちゃんも、今年はいきなり作文コンテスト入賞だったと報告がありました。この先もいろいろ出てくると思います。
    Secret

    カテゴリ

    最新記事

    プロフィール

    数理言語教室 ば

    Author:数理言語教室 ば
     「小学から高校までの12年教育」
    【小1から始めて、集中力、継続力、自発性ある子に】

    ****************

    ■子どもたちは樹の香りのする寺子屋風の教室で、無垢の木の机を囲み、床に座ってのびのびと学習します。

    ■大学受験予備校講師や中学受験指導経験豊富なプロ講師が難関大学突破水準を目指し、12年間をかけて、子ども自身に読ませ、書かせ、考えさせることを徹底するという本来そうあるべき方法で丁寧に指導し結果的に高水準の学力をつけていくことを目指します。

    ■「自分からなかなか始められず、始めても続かない」「親や教師が常に横についていないと、まともに前も向いていられない」といういまどきの手のかかる子ではなく、長期間をかけ、集中力、継続力をつけ、自発的に学習できる子に育てていきます。

    ■設置講座:新小1、2、5、6、中1、3高2。小6年英語。

    ■ベテランプロ講師による医学部東大京大など難関大学、超難関中学受験個人指導、少数限定募集。

    ****************

     高の原駅近くに寺子屋形式の教室を開きます。
     子どもたちが杉の床に座り無垢の一枚板に向かって,たのしみながら,のびのびと学ぶ教室です。

     大学,中学受験のベテランプロ講師が,進学中学高校によらず,東大京大国立医学部など難関大学を目標に,小学1年生から高校3年までの12年間を一貫指導します。

     小手先の受験テクニックの暗記ではなく,長期的視点で「読む」「書く」「聞く」「考える」の基本から丁寧に習得することで,余裕をもって受験も突破するという本来そうあるべき形で学習を進めていきます。

    ※詳しくはお問い合わせください。


    ****************
    石橋英樹 〔「数理」担当〕
    :専門 受験数学,物理学

    大学時代から20年以上を京都で過ごしてきました。

    大学での専攻は天文学。
    科学全般,思想,文学,文化人類学,社会学、映画論など,多くの分野に関心があります。

    超難関大学受験指導経験が20年以上あり、特に京大や国公立私立医学部には多数の生徒を送り込んできました。

    大人数相手の講義から個別指導まで各形式での指導経験豊富。
    大学受験生はもちろん,大学生,社会人,外国人留学生まで様々な指導経験があります。

    京大トップの学生から,全くの0の学力の学生まで,あらゆるレベルの生徒への指導経験多数。

    妻および小学制の娘、息子と暮らしています。

    月別アーカイブ

    リンク

    最新コメント

    日本文学100選

    Twitter on FC2

    RSSリンクの表示

    Twitter on FC2

    淡々と百人一首

      メールフォーム

      名前:
      メール:
      件名:
      本文:

      QRコード

      QR

      フリーエリア

      上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。