11
    1
    2
    3
    4
    5
    6
    7
    8
    9
    10
    11
    12
    13
    14
    16
    17
    18
    19
    20
    21
    22
    23
    24
    25
    26
    27
    28
    29
    30
       

    新年度 ご挨拶代わりに

    「今日思いがけなく、古い友だちから葉書を受け取った。」

    この一文から始まるエッセー。

    なかなか魅惑的な書き出しで、読ませます。
    さすがの串田孫一節。


    これが今年の京都大学で出題された国語の問題の一部です。
    教室に帰ってきた受験生たちが、これについて熱く語り合っていました。


    難しい文章ではありません。
    設問はきわめて単純。解答の、「自由度」も大きい。


    このような文章を的確に読み、設問の意図を正確に理解し、時間内に解答として書き終える。しかもその文章の内容をしみじみ味わいながら。

    こうなると、なかなか難しい。


    では、こういったことがいかにして可能か。


    漢字や語句など細切れ事項暗記の積み重ねだけでそこに到達するとは到底思えません。

    受験界に横行する、素朴な読み取り公式の習得でも対応は難しいと考えます。


    というよりもそういう発想の受験生(や、指導者)たちを振るい落とす問題選択なのではないかと推測します。

    個人的には、やっぱり、まずは読んでないと話にならないのではないかと思います。


    ある程度の読みの蓄積がなければ、解きながら文章の内容を愉しむ、といったところまでは届かないのではないか。
    しかも受験対策のために読む、といった顛倒した発想ではない読みの蓄積であることがポイントです。


    もちろん、読んでいればいいということでもないのは当然です。


    読みだけでなく、「考えること」の蓄積こそがほんとうはより必要なはずです。


    加えて、この文の後半で触れられている太陽の光具合にまで気づくには、直接触れ、鋭敏に感じ取るたくさんの身体化を伴う体験を要するでしょう。


    どういった学生を迎えたいのか。
    そんなところまでを考えさせる、なかなか奥深い出題です。


    3月からうちの教室は新年度になり、新入会の子も加わってくれます。

    何を見据えてこの子たちと今後長期にわたってかかわっていくのか、再確認をしたうえで、またこの一年を始めます。



    京大国語20171

     京大国語20172
    京大国語20173
    京大国語20174

    ばへのリンク→数理言語教室 ば

    スポンサーサイト

    高校合格


    合格

    大晦日の決意。
    そして、次々と高校合格の報が。


    この学年はその日が迫ってくる中で、まず目つきが変わり、取り組み方も変化し、そして成績が急上昇するという、順を踏んだ「進化」をしていった子たちだった。


    仲間同士の助け合いやさりげない気遣い合いもありながらの、ここまでの日々。
    いずれもそのような場をともにつくりあげた、彼ら自身の力。
    好結果が出たことよりは、そっちにこそ価値があると思う。


    志望校受験がまだ残っている子もきっとやりきってくれることだろう。


    私個人としては、これまで高校生たちを3年間育てていくという経験を何代もずっと重ねてきたので、この教室でお預かりしたあの小さかった子たちが、ようやくここまで来たか、という、迎え入れの感慨がある。
    ようこそ、という感じかな。



    受かった子はおめでとう。まだ続く子は、ここからラストスパートだよ。


    ばへのリンク→数理言語教室 ば

    新高校1年生講座

    高校入試もいよいよ本格開始です。

    うちの教室では、小学生から大学受験生まで10年以上にわたって子どもたちを育てています。
    受験を終えれば、高校入学が待っています。
    環境が大きく変わる次への接続がスムーズにいくようにと、サポートを準備しています。


    まずは目の前の受験を突破です。
    そのあとも、しっかり支えることを伝えて、
    安心して受験に臨んでもらおうと思います。


    受験生の皆さん。
    体調を整え、落ち着いて、力を発揮してきてください。



    ****************************************
     新高校1年生(現中学3年生)
      ◆高校数学準備講座開講◆
       2017年3月4月  
    ****************************************


    □4月からはいよいよ高校生です。高校入学後は本格的な数学を学ぶことになります。

    □そこでは、これまでの計算中心の内容から、論理、証明に重心が移ります。
    中学までとは比較にならないペースや水準で進んでいく高校もあります。
    単純反復訓練に徹してきた人たちは、ここで苦しむことが多いのですが、学び方によっては、ここからこそ数学の醍醐味を味わうことができるのです。

    □本講座では、入学後に余裕をもって対応できるように準備を着実に行いながら、本格数学の魅力を伝えていきます。

    □なお4月からは、レギュラー講座も開講しますがは、基本的に本講座受講を前提として進めていきます。(本講座のみの受講も可能です。)


    ばへのリンク→数理言語教室 ば

    新年


    明けましておめでとうございます。


    0101.jpg


    大事な時期に子どもたちと接する場として、そこに関わる者たちの質や、真摯な思いはたいへん重要であると考えています。

    スタッフ一同、その点をあらためて確認し、この一年も取り組んでいくつもりでおります。

    大晦日には最後の学習に続いて、小6、中3、高3の受験生たち全員で教室内の大掃除をしました。
    先生、何から始めたらいい?次は?これもどう?
    損な役回りを押しつけられたという受動的な者では決してできない、各自の生き生きとした積極的な働きぶり、笑顔、階段の軽やかな駆け上がり・・・どれもたいへん清々しいものでした。

    単に受かることのみに徹するのではなく、この表情をもって受験に臨むことを支えることこそが、この小さな教室の価値であると実感できた瞬間でした。

    本年もどうぞよろしくお願いいたします。

    数理言語教室ば

    代表 石橋英樹



    ばへのリンク→数理言語教室 ば

    お知らせ 2012年ホームページ更新

     2012年度用にホームページを更新しました!新学年募集体験講座のご案内、過去のイベント情報など、追加しました。


     以下のリンクをよろしくお願いいたします。

     また来週、マイタウン奈良(1月28日号)への広告が出ます。木曜から土曜あたりにかけての配布になると思います。こちらもよろしくお願いします。


     ばへのリンク→数理言語教室 ば

    theme : 学習塾の様子
    genre : 学校・教育

    カテゴリ

    最新記事

    プロフィール

    数理言語教室 ば

    Author:数理言語教室 ば
     「小学から高校までの12年教育」
    【小1から始めて、集中力、継続力、自発性ある子に】

    ****************

    ■子どもたちは樹の香りのする寺子屋風の教室で、無垢の木の机を囲み、床に座ってのびのびと学習します。

    ■大学受験予備校講師や中学受験指導経験豊富なプロ講師が難関大学突破水準を目指し、12年間をかけて、子ども自身に読ませ、書かせ、考えさせることを徹底するという本来そうあるべき方法で丁寧に指導し結果的に高水準の学力をつけていくことを目指します。

    ■「自分からなかなか始められず、始めても続かない」「親や教師が常に横についていないと、まともに前も向いていられない」といういまどきの手のかかる子ではなく、長期間をかけ、集中力、継続力をつけ、自発的に学習できる子に育てていきます。

    ■設置講座:新小1、2、5、6、中1、3高2。小6年英語。

    ■ベテランプロ講師による医学部東大京大など難関大学、超難関中学受験個人指導、少数限定募集。

    ****************

     高の原駅近くに寺子屋形式の教室を開きます。
     子どもたちが杉の床に座り無垢の一枚板に向かって,たのしみながら,のびのびと学ぶ教室です。

     大学,中学受験のベテランプロ講師が,進学中学高校によらず,東大京大国立医学部など難関大学を目標に,小学1年生から高校3年までの12年間を一貫指導します。

     小手先の受験テクニックの暗記ではなく,長期的視点で「読む」「書く」「聞く」「考える」の基本から丁寧に習得することで,余裕をもって受験も突破するという本来そうあるべき形で学習を進めていきます。

    ※詳しくはお問い合わせください。


    ****************
    石橋英樹 〔「数理」担当〕
    :専門 受験数学,物理学

    大学時代から20年以上を京都で過ごしてきました。

    大学での専攻は天文学。
    科学全般,思想,文学,文化人類学,社会学、映画論など,多くの分野に関心があります。

    超難関大学受験指導経験が20年以上あり、特に京大や国公立私立医学部には多数の生徒を送り込んできました。

    大人数相手の講義から個別指導まで各形式での指導経験豊富。
    大学受験生はもちろん,大学生,社会人,外国人留学生まで様々な指導経験があります。

    京大トップの学生から,全くの0の学力の学生まで,あらゆるレベルの生徒への指導経験多数。

    妻および小学制の娘、息子と暮らしています。

    月別アーカイブ

    リンク

    最新コメント

    日本文学100選

    Twitter on FC2

    RSSリンクの表示

    Twitter on FC2

    淡々と百人一首

      メールフォーム

      名前:
      メール:
      件名:
      本文:

      QRコード

      QR

      フリーエリア