03
    1
    2
    5
    6
    7
    8
    9
    10
    11
    12
    13
    14
    15
    16
    17
    18
    19
    20
    21
    22
    23
    24
    25
    26
    27
    28
    29
    30
    31
       



    図1


     ある日の教室入り口の光景。 

    子どもたちと付き合うようになって、気づいたのが、これ。

    子どもというのは、ほうっておけば、靴なんかそろえないんだということ。

    同時に、この「靴をそろえる」ということへの強迫は、かなりの大人たちに見られるということ。

    始まった当初、小学生まで戻って子どもたちを教えることにした、と自分の教室を紹介すると、ああ、靴をそろえさせるところからやるんですね、といった言葉が返ってくることが多いので意識しはじめた。

    先生と呼ばれる人にも、ここへこだわる人はかなりいて、いわば「試薬」になることもわかった。

     

    それは靴をそろえてあいさつをしながら教室に入っていく子と、脱ぎ散らかして遠方からジャンプして入っていく子をみると、これまでのしつけられかたや、あえて言えば「育ち」のようなものが出てしまうのはたしか。

    しかし、すべての基本でしょう、と問答無用に核にすえる人を見ると、素朴に、なぜかと思う。

     大切なことは、実は他にもたくさんたくさんあるはずで、その中からなぜこれを取り出してしまうのか。

    それはおそらく脱ぎ散らかして叱られる子どもの問題ではなく、そこになにより着目してしまう、その人の無意識の問題だとわかってきた。

     

    これは象徴的な箇所で、これだけは許せないといった、根源的な拒否は、実はあいさつできるできないなんかより、かなりきついものだと思う。

     

    じゃあ脱ぎ散らかした方がいいんですか?もちろん、違う。

    やっぱりそろえた方がいいんですね?それも違う。

    そろえるかそろえないかという、なぜそれなのか。なぜ延々とそこが気になるのか。

     

    おそらく本人にもどうしようのない世代をまたぐ伝達の問題なのだろうけれど、「靴」はほんとうに象徴的で、実にわかりやすいので、このように言葉にして取り上げることはできる。

    きっと言われた人たちは、ちょっとだけ意識をすることだろう。

    しかし見えにくい「靴のそろえ」のような強迫が実はいたるところにあふれていて、特に子どもたちは強制的にそれに取り囲まれている。

     

    では、どうするのか。

    そこに違和感をもち、気づいた者が、一つずつ丁寧に、言語化(意識化)していくしかないのだと思う。

     

    この種の話をした時に、反応はいつも両極端になる。

    根源的な箇所に触れられたという怒りや反発を感じる人とは、まだしも可能性があるか。

     気まずい沈黙で、そわそわしはじめる、といった場合は、これはなかなか届かない。

    この話の結論は、たとえ靴をそろえなくても子どもを叱ってはいけない、ということではないんですよ、と付け足すと、(場によってはほぼ全員が)あっけにとられることも珍しくない。

    いっぽうで、そういう言葉にこそ共感をもってくれるような人も必ずいる

    そういう人とは、そこからこそ関係を始められることもある。

    さて次の集まりではどうかな。



     ばへのリンク→数理言語教室 ば


    スポンサーサイト

    theme : 子育て・教育
    genre : 学校・教育

    新年度 ご挨拶代わりに

    「今日思いがけなく、古い友だちから葉書を受け取った。」

    この一文から始まるエッセー。

    なかなか魅惑的な書き出しで、読ませます。
    さすがの串田孫一節。


    これが今年の京都大学で出題された国語の問題の一部です。
    教室に帰ってきた受験生たちが、これについて熱く語り合っていました。


    難しい文章ではありません。
    設問はきわめて単純。解答の、「自由度」も大きい。


    このような文章を的確に読み、設問の意図を正確に理解し、時間内に解答として書き終える。しかもその文章の内容をしみじみ味わいながら。

    こうなると、なかなか難しい。


    では、こういったことがいかにして可能か。


    漢字や語句など細切れ事項暗記の積み重ねだけでそこに到達するとは到底思えません。

    受験界に横行する、素朴な読み取り公式の習得でも対応は難しいと考えます。


    というよりもそういう発想の受験生(や、指導者)たちを振るい落とす問題選択なのではないかと推測します。

    個人的には、やっぱり、まずは読んでないと話にならないのではないかと思います。


    ある程度の読みの蓄積がなければ、解きながら文章の内容を愉しむ、といったところまでは届かないのではないか。
    しかも受験対策のために読む、といった顛倒した発想ではない読みの蓄積であることがポイントです。


    もちろん、読んでいればいいということでもないのは当然です。


    読みだけでなく、「考えること」の蓄積こそがほんとうはより必要なはずです。


    加えて、この文の後半で触れられている太陽の光具合にまで気づくには、直接触れ、鋭敏に感じ取るたくさんの身体化を伴う体験を要するでしょう。


    どういった学生を迎えたいのか。
    そんなところまでを考えさせる、なかなか奥深い出題です。


    3月からうちの教室は新年度になり、新入会の子も加わってくれます。

    何を見据えてこの子たちと今後長期にわたってかかわっていくのか、再確認をしたうえで、またこの一年を始めます。



    京大国語20171

     京大国語20172
    京大国語20173
    京大国語20174

    ばへのリンク→数理言語教室 ば

    カテゴリ

    最新記事

    プロフィール

    数理言語教室 ば

    Author:数理言語教室 ば
     「小学から高校までの12年教育」
    【小1から始めて、集中力、継続力、自発性ある子に】

    ****************

    ■子どもたちは樹の香りのする寺子屋風の教室で、無垢の木の机を囲み、床に座ってのびのびと学習します。

    ■大学受験予備校講師や中学受験指導経験豊富なプロ講師が難関大学突破水準を目指し、12年間をかけて、子ども自身に読ませ、書かせ、考えさせることを徹底するという本来そうあるべき方法で丁寧に指導し結果的に高水準の学力をつけていくことを目指します。

    ■「自分からなかなか始められず、始めても続かない」「親や教師が常に横についていないと、まともに前も向いていられない」といういまどきの手のかかる子ではなく、長期間をかけ、集中力、継続力をつけ、自発的に学習できる子に育てていきます。

    ■設置講座:新小1、2、5、6、中1、3高2。小6年英語。

    ■ベテランプロ講師による医学部東大京大など難関大学、超難関中学受験個人指導、少数限定募集。

    ****************

     高の原駅近くに寺子屋形式の教室を開きます。
     子どもたちが杉の床に座り無垢の一枚板に向かって,たのしみながら,のびのびと学ぶ教室です。

     大学,中学受験のベテランプロ講師が,進学中学高校によらず,東大京大国立医学部など難関大学を目標に,小学1年生から高校3年までの12年間を一貫指導します。

     小手先の受験テクニックの暗記ではなく,長期的視点で「読む」「書く」「聞く」「考える」の基本から丁寧に習得することで,余裕をもって受験も突破するという本来そうあるべき形で学習を進めていきます。

    ※詳しくはお問い合わせください。


    ****************

    南野和俊〔代表「言語」担当〕
    :専門 受験国語

    難関中学,高校受験対策指導のベテラン。

    小学生の国語力を戦略的に着実につけていく指導で人気を博する。これまで関西の有名難関中学に数多くの教え子たちがいます。
    一方で大学受験生の指導も長く,多い。

    東京の超難関有名中高校を卒業後,大学では法学を専攻し,有名銀行での社会人の経験もあります。

    カメラから鉄道まで博覧強記。洋酒をこよなく愛し,パイプのコレクターでもあり,アメリカやイタリアのパイプ作家たちとも親交があります。

    石橋英樹 〔「数理」担当〕
    :専門 受験数学,物理学

    大学時代から20年以上を京都で過ごしてきました。

    大学での専攻は天文学。
    科学全般,思想,文学,文化人類学,社会学、映画論など,多くの分野に関心があります。

    超難関大学受験指導経験が20年以上あり、特に京大や国公立私立医学部には多数の生徒を送り込んできました。

    大人数相手の講義から個別指導まで各形式での指導経験豊富。
    大学受験生はもちろん,大学生,社会人,外国人留学生まで様々な指導経験があります。

    京大トップの学生から,全くの0の学力の学生まで,あらゆるレベルの生徒への指導経験多数。

    妻およびまだ幼い娘、息子、そして猫と暮らしています。

    月別アーカイブ

    リンク

    最新コメント

    日本文学100選

    Twitter on FC2

    RSSリンクの表示

    Twitter on FC2

    淡々と百人一首

      メールフォーム

      名前:
      メール:
      件名:
      本文:

      QRコード

      QR

      フリーエリア