08
    1
    2
    3
    4
    5
    6
    7
    8
    9
    10
    11
    12
    13
    14
    15
    16
    17
    18
    19
    20
    21
    22
    23
    24
    25
    26
    27
    28
    29
    30
    31
       

    スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    手作りモーター

     この時期、教室の小学生たちには、毎年あれこれの企画を行っています。


     たとえば昨年の冬には、宇宙シリーズでビッグバンを行いました。


     今回は実験、製作シリーズで、「モーターをつくろう」です。身近で手に入る材料を使って、ごくごく単純な「モーター」のようなものをつくるのが目標です。


     材料は、牛乳パック、竹串、クリップ、エナメル線、電池、強力磁石、プッシュピン、Y型圧着端子。そして葉書大の木の板。いずれも100円ショップやホームセンターで比較的安価で手に入るものばかりです。
     道具は、はさみ、ペンチ、セロテープ、紙ヤスリといったもので十分。

    __.jpg


     まずはコイルを上手に巻かなくてはなりません。適当に巻くのではうまく形がそろわない。そこで、巻く台をつくりましょう。牛乳パックを3センチくらい縦長に切り取って、円形にして、端をテープでとめます。

    m2.jpg

    m3.jpg



     そしてそれをつぶして、戻すと、マッチ箱大の直方体ができます。

    m4.jpg



     その両端にはさみで同じ幅の切り込みをいれ、ここに竹串をのせます。竹串には、彫刻刀などで細い切り込みが筋状に入っています。(あとからエナメル線を通すためです。)
     これで準備は完成。

    m5__.jpg


     ここからひとりずつの条件が異なってきます。エナメル線の長さを各自で選ぶのです。あみだくじで順番を決め、希望の長さのエナメル線を受け取っていく。
     長いと磁界は強くなるでしょうが、巻きにくいし、重くなる。かといって、短すぎてもまずいでしょう。


     それぞれ、じっくりと考えて長さを選びます。お調子者は、「残り全部!」と叫んで、あっという間にぐちゃぐちゃにからませて、回復不能になってしまい困窮。
     ほんとうに大事そうにうやうやしく受け取る子もいます。彼は今回の企画が楽しみで楽しみでしょうがなかったとお母さんから事前にきいていました。
     ほんとうに嬉しいと、マンガのように目がキラキラ輝くんですね。この子を見ていて、実感しました。


     めいめい選んだエナメル線を串に入れ違いに箱の周りに巻いていきます。ただし両端は少しだけ残して。
     巻き終わったら、箱から外すと、四角形のコイルができました。

     m7__.jpg



     テープでとめ、形を整え、バランスを取ります。この一段階ずつの微妙な作業の差が、後に大きな結果の差になってきます。更に端子との接触部分を丁寧に紙ヤスリでこすって、電流を流せるようにしておきます。


     次にクリップの中の部分を垂直に折り曲げ、更にまっすぐにのばし、先端をほんの少しだけ折り返します。ここがちょっと難しい。そしてその先に圧着端子をペンチで取り付け、これで、支えになります。

    m9__.jpg

     この支えを立てて、板にプッシュピンで固定。そこに先ほどのコイルをのせ、コイルの下部に強力磁石を置き、両端に電池の両極をつないで、いよいよスタート!

     うまくいけば、クルクルと回転を始めます。

    m10__.jpg


     実際はこんなに簡単な装置。電流の流れ具合や磁石の設置ぐあいなど、さまざまな要素でうまくいかないこともあります。そのときは再挑戦。
     ここまでのどの段階に原因があるのか。先生も交えて、あれこれ分析して、何度もやり直します。

     ひとりずつあれこれ修正しながら、結局全員完成。回転を始めた手作り「モーター」にそれぞれの子は大喜び。かつちょっと誇らしげ。最後に、自分の愛機に名前をつけさせ、書き込ませます。

     女の子を含めて、こんなに喜んでくれるとは。
     これは教え手の才能に負う部分が大きかった。

     
     今回この企画を実行してくれたのは、Y先生。というより、Y君。この教室の高校1年生です。

     私はこれまで、多くの教え子に教えさせた経験があります。このあたりは、前にも少しだけですが、先生のタイプなどで触れました。


     教室内でお互いにやらせるのはもちろん、大学生になった後に、バイトで呼んでということもかなりあります。
    その中で、おおよそこのタイプなら何とか場をつくればいけるというあたりを見分ける目は肥えてきました。

     この教室でも、東大生や京大生などの教え子たちを何回か呼んできましたが、いずれも活躍をしてくれました。しかし一般的に、こういう「当たり」の子は少ないのが現状です。

     たとえば東大生や京大生だからといって自分で問題を解けはしても、それを人に教えることはまったく別の才能ですし、一定時間以上の授業を自分主導で首尾良く行うのはもっと難しい。
     はたして10人に1人でもいるのでしょうか。ましてや、初体験であれば、しどろもどろになってもおかしくはありません。

     大学生でさえです。高校生となると、はたしてどれほど少数か。 


     ところが、Y先生。見事でした。私がいままで見た中では、この経験数においてはベストではないか。

     段取りも良く、子どもあしらいが実にうまい。この年代の子たちの気がそれるタイミングもきちんとわかっていて、自分が作業中でも目の端ですべての子を見ている。
     兄弟が多いからだと、謙遜をしていましたが、そうそうできることではありません。


     そもそもこの企画も、私が彼に数学を教えている時の雑談から生まれたものです。学校では工業系の専門科目を勉強している普段はどちらかというと無口な彼に、何か面白いことはないかを打診し、彼が学校で情報を仕入れていきいきと話をしてくれるのを見ていて、ならばキミがやってみてくれとその場で依頼して成立したものでした。


     もちろん、私自身が彼のフォローに相当程度入ることになるだろうことは覚悟の上でした。ところが、実際にはまったく不要。むしろその運営の若さゆえのうまさに、ある意味で勉強をさせてもらったというのが正直なところです。

     大成功に終わって、子ども達がよろこびながら帰って行ったあと、彼もとても喜んでくれていました。きっといい経験になったことでしょう。
     私自身この教室にこんな才能の生徒もいるのだと発見できたうれしさもありました。


     彼は学校のことを実にうれしそうに毎週話してくれます。きっといい先生方や友達に囲まれているんだろうと思います。
     自分が気に入っているその学校にスカウトしたいというのもあるんですと、彼は笑っていました。実際にこの子たちの中の数人は将来彼の後輩になりたがるんじゃないかな。


     さて冬期の講座も無事に一段落。この新しい一年が、いよいよ本格的に始まります。

     Y君、第2弾もまたやろう!


     ばへのリンク→数理言語教室 ば
     H.I.

    スポンサーサイト

    theme : 実験 科学 サイエンス
    genre : 学校・教育

    Secret

    カテゴリ

    最新記事

    プロフィール

    数理言語教室 ば

    Author:数理言語教室 ば
     「小学から高校までの12年教育」
    【小1から始めて、集中力、継続力、自発性ある子に】

    ****************

    ■子どもたちは樹の香りのする寺子屋風の教室で、無垢の木の机を囲み、床に座ってのびのびと学習します。

    ■大学受験予備校講師や中学受験指導経験豊富なプロ講師が難関大学突破水準を目指し、12年間をかけて、子ども自身に読ませ、書かせ、考えさせることを徹底するという本来そうあるべき方法で丁寧に指導し結果的に高水準の学力をつけていくことを目指します。

    ■「自分からなかなか始められず、始めても続かない」「親や教師が常に横についていないと、まともに前も向いていられない」といういまどきの手のかかる子ではなく、長期間をかけ、集中力、継続力をつけ、自発的に学習できる子に育てていきます。

    ■設置講座:新小1、2、5、6、中1、3高2。小6年英語。

    ■ベテランプロ講師による医学部東大京大など難関大学、超難関中学受験個人指導、少数限定募集。

    ****************

     高の原駅近くに寺子屋形式の教室を開きます。
     子どもたちが杉の床に座り無垢の一枚板に向かって,たのしみながら,のびのびと学ぶ教室です。

     大学,中学受験のベテランプロ講師が,進学中学高校によらず,東大京大国立医学部など難関大学を目標に,小学1年生から高校3年までの12年間を一貫指導します。

     小手先の受験テクニックの暗記ではなく,長期的視点で「読む」「書く」「聞く」「考える」の基本から丁寧に習得することで,余裕をもって受験も突破するという本来そうあるべき形で学習を進めていきます。

    ※詳しくはお問い合わせください。


    ****************
    石橋英樹 〔「数理」担当〕
    :専門 受験数学,物理学

    大学時代から20年以上を京都で過ごしてきました。

    大学での専攻は天文学。
    科学全般,思想,文学,文化人類学,社会学、映画論など,多くの分野に関心があります。

    超難関大学受験指導経験が20年以上あり、特に京大や国公立私立医学部には多数の生徒を送り込んできました。

    大人数相手の講義から個別指導まで各形式での指導経験豊富。
    大学受験生はもちろん,大学生,社会人,外国人留学生まで様々な指導経験があります。

    京大トップの学生から,全くの0の学力の学生まで,あらゆるレベルの生徒への指導経験多数。

    妻および小学制の娘、息子と暮らしています。

    月別アーカイブ

    リンク

    最新コメント

    日本文学100選

    Twitter on FC2

    RSSリンクの表示

    Twitter on FC2

    淡々と百人一首

      メールフォーム

      名前:
      メール:
      件名:
      本文:

      QRコード

      QR

      フリーエリア

      上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。