04
    1
    2
    3
    4
    5
    6
    7
    8
    9
    10
    11
    12
    13
    14
    15
    16
    17
    18
    19
    20
    21
    22
    23
    24
    25
    26
    27
    28
    29
    30
       

    スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    折り紙たくさん

     この春から通っている小学4年生の子たち。

     とにかく明るい。

     教室に来るなり、せんせせんせせんせせんせ(と、なぜか必ず4回呼んでから、)、今週何があったかの報告を次々してくれます。

     関西少年少女のぼけつっこみのレベルはさすがで、いつもかなり楽しませてもらえます。
     

     しかも、そんなやりとりをしながらも、3時間きっちり手を動かして、それぞれのペースで考えて、きれいなノートを書いて、帰るのは立派。この一年、宿題も必ずやってきます。言われてないけど、ここまでやってきた、ということも頻繁にあります。



     最初の一年間の目標は、とりあえず3時間前を向いていられること。できれば、大半の時間を集中していられること。言われた宿題を(できるだけ親に強制されることなく、自主的に)やってくること、程度でした。

     小4でできなかったら、小5で。だめなら小6でできるようになればいい、というくらいのスパンで、うちの教室では構えます。もしも小学生段階でそれができるようになれば、それだけでも大したものです。

     
     (この「90分二コマを集中し続ける」ということは、そんなに容易なことではありません。
     某大学での講義に行ったとき、現場の先生方にきいた悩みの筆頭は、大学生たちが90分まともに集中してくれないことでした。)



     しかしこの子たちは、早くもそれをある程度達成してしまいました。だから進みも速く、4年生内容は今週で終わって、来週からは5年生内容に入ってしまいます。



     3月に始める前は、うちの子が3時間もほんとうにもつのかと、不安をもらす親御さんもいらっしゃいましたが、いまではここまで成長しました。


     実は本人たちも自分でけっこう驚いています。いまでは学校の授業でも、自信をもって手を挙げられるし、内容もカンタンすぎて、ヒマでヒマでたまらないと。去年までこんなことはなかった、と。


     
     ということで、ここまでとても順調な子たちですが、順調すぎることは必ずしも良いことではありません。いかにこれを適度に崩し、遊びを入れるか。回り道をさせるか。それもとても重要なことです。


     で、先月には、オカリナ講座をこの子たちにもやりましたし、ほかにもできるだけ機会を設けようと考えています。
     



     さてさて。こんな子たちですが、もちろん具体的内容については、苦手分野もそれぞれにあります。


     一人の男の子は、計算はすごく速いのですが、図形関係がとても苦手です。あまり器用でもなく、最初のころは、直線もまともに引けませんでした。

     最近、またも図形単元に入って、苦しんでいました。展開図など、頭の中で組み立てることがうまくできないのです。



     小さいころにたとえば折り紙は?と問うと、やったことがないと、言います。(実はけっこうこの種の子は多い。)きっとあまり好きじゃなかったのでしょう。


     で、今週の宿題は、折り紙。
     算数はやってこなくていいから、自力でたくさん折ってくるように。いろんな種類のを。と、伝えました。



     まだ4年生です。急く必要もありません。



     もちろん、折り紙が展開図に直結するということはありません。
     そもそもそんな下心で折り紙をやるべきでも(まして宿題に出すべきでも)ないでしょう。ともかく今回は、楽しんで(かつ苦心して)きたらよいのです。



     はたして、今日。はにかみながら渡してくれた袋の中には、こんなにたくさんの折り紙が。

     決して上手ではありません。どれもヨレヨレしている。中には、何を折ったのか(本人にも)不明なものさえ。


    折り紙



     しかし。折ってくるように言っても、実際にこうして折ってくる子は少ない。

     彼は折ってきました。彼なりに、一生懸命に。このひとつひとつの、折り目をつくっているときの生真面目な姿が目に浮かびます。



     実にいい子たちを預かっていると思います。 


     ばへのリンク→数理言語教室 ば
    スポンサーサイト

    theme : 学習塾の様子
    genre : 学校・教育

    Secret

    カテゴリ

    最新記事

    プロフィール

    数理言語教室 ば

    Author:数理言語教室 ば
     「小学から高校までの12年教育」
    【小1から始めて、集中力、継続力、自発性ある子に】

    ****************

    ■子どもたちは樹の香りのする寺子屋風の教室で、無垢の木の机を囲み、床に座ってのびのびと学習します。

    ■大学受験予備校講師や中学受験指導経験豊富なプロ講師が難関大学突破水準を目指し、12年間をかけて、子ども自身に読ませ、書かせ、考えさせることを徹底するという本来そうあるべき方法で丁寧に指導し結果的に高水準の学力をつけていくことを目指します。

    ■「自分からなかなか始められず、始めても続かない」「親や教師が常に横についていないと、まともに前も向いていられない」といういまどきの手のかかる子ではなく、長期間をかけ、集中力、継続力をつけ、自発的に学習できる子に育てていきます。

    ■設置講座:新小1、2、5、6、中1、3高2。小6年英語。

    ■ベテランプロ講師による医学部東大京大など難関大学、超難関中学受験個人指導、少数限定募集。

    ****************

     高の原駅近くに寺子屋形式の教室を開きます。
     子どもたちが杉の床に座り無垢の一枚板に向かって,たのしみながら,のびのびと学ぶ教室です。

     大学,中学受験のベテランプロ講師が,進学中学高校によらず,東大京大国立医学部など難関大学を目標に,小学1年生から高校3年までの12年間を一貫指導します。

     小手先の受験テクニックの暗記ではなく,長期的視点で「読む」「書く」「聞く」「考える」の基本から丁寧に習得することで,余裕をもって受験も突破するという本来そうあるべき形で学習を進めていきます。

    ※詳しくはお問い合わせください。


    ****************

    南野和俊〔代表「言語」担当〕
    :専門 受験国語

    難関中学,高校受験対策指導のベテラン。

    小学生の国語力を戦略的に着実につけていく指導で人気を博する。これまで関西の有名難関中学に数多くの教え子たちがいます。
    一方で大学受験生の指導も長く,多い。

    東京の超難関有名中高校を卒業後,大学では法学を専攻し,有名銀行での社会人の経験もあります。

    カメラから鉄道まで博覧強記。洋酒をこよなく愛し,パイプのコレクターでもあり,アメリカやイタリアのパイプ作家たちとも親交があります。

    石橋英樹 〔「数理」担当〕
    :専門 受験数学,物理学

    大学時代から20年以上を京都で過ごしてきました。

    大学での専攻は天文学。
    科学全般,思想,文学,文化人類学,社会学、映画論など,多くの分野に関心があります。

    超難関大学受験指導経験が20年以上あり、特に京大や国公立私立医学部には多数の生徒を送り込んできました。

    大人数相手の講義から個別指導まで各形式での指導経験豊富。
    大学受験生はもちろん,大学生,社会人,外国人留学生まで様々な指導経験があります。

    京大トップの学生から,全くの0の学力の学生まで,あらゆるレベルの生徒への指導経験多数。

    妻およびまだ幼い娘、息子、そして猫と暮らしています。

    月別アーカイブ

    リンク

    最新コメント

    日本文学100選

    Twitter on FC2

    RSSリンクの表示

    Twitter on FC2

    淡々と百人一首

      メールフォーム

      名前:
      メール:
      件名:
      本文:

      QRコード

      QR

      フリーエリア

      上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。