05
    1
    2
    3
    4
    5
    6
    7
    8
    9
    10
    11
    12
    13
    14
    15
    16
    17
    18
    19
    20
    21
    22
    23
    24
    25
    26
    27
    28
    29
    30
    31
       

    スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    メリークリスマス!ファンタジーの重要性

    ほんとうにそう思います。

    kodomo.jpg


    ※以下、大隅書店大隅書店様のリンク
    (田中茂樹先生のご著書からの引用。)

    ファンタジーの重要性


    【例】 六歳の男の子。クリスマスイブの夜のこと。塾の宿題が終わっていないことを母親が叱って、「宿題が終わらないとサンタさんは来ないよ」と言った。男の子は、「サンタさんは来るよ」と言い返した。母親は、「サンタさんはお父さんなんだから、宿題が終わってなければ絶対に来ないよ」と言った。宿題は終わらず、男の子は眠った。翌朝、プレゼントはなかった。両親は仕事に行った。男の子は、サンタさんは絶対来てくれたはずだと信じており、兄にも頼んで家の中を探し回った。兄は、母親の職場に電話をかけて事情を話した。母親は、昼休みに家に戻って、男の子が見つけられそうなところにプレゼントを隠した。やがて、男の子はプレゼントを発見し大喜びした。「サンタさんがちょっと変なところに置いたんだ」と納得した。


     シュタイナー教育で有名なルドルフ・シュタイナーは、「ファンタジーの重要性」について指摘しています(高橋巖『シュタイナー教育の方法——子どもに則した教育』角川書店、一九八七年、一一七—一五三頁)。シュタイナーは、子どもは幼いうちから理論的なことや現実的なことばかり与えられると、先の人生において非現実的なことや空想的なものの価値を、認めにくくなってしまう、ということを述べています。

     クリスマスの夜に、サンタさんがトナカイの引く橇(そり)に乗って空を行く、その姿を思い描く子どもの心、その幸せを、親として実感できないとしたら、それは私には、途方もなく悲しいこと、淋しいことと思われてなりません。また、幼い子どもが宿題をしそこなうことと、サンタさんのイメージを失うこと、その損失の大きさは、そもそも比べるべきものですらないと私は思います。

     このように、現実的なものばかりを求める親の育児姿勢は、子どもにとっては息が詰まるものとなるでしょう。まるで業務をこなすように、家庭や学校での時間を過ごすことになるでしょう。

     そして、そのような状況であれば、学校に行くことや勉強することが嫌いになってしまうのは、むしろ当たり前のことだとさえ思えてきます。


    *以上、田中茂樹著『子どもを信じること』「2 目に見えるものに偏りすぎていないか」より。


    メリークリスマス!

    目に見えないものの価値、大切にしたいですね。
    みなさま、良いクリスマスをお過ごしくださいませ。


    ばへのリンク→数理言語教室 ば
    スポンサーサイト

    theme : 生きる力の創造
    genre : 学校・教育

    Secret

    カテゴリ

    最新記事

    プロフィール

    数理言語教室 ば

    Author:数理言語教室 ば
     「小学から高校までの12年教育」
    【小1から始めて、集中力、継続力、自発性ある子に】

    ****************

    ■子どもたちは樹の香りのする寺子屋風の教室で、無垢の木の机を囲み、床に座ってのびのびと学習します。

    ■大学受験予備校講師や中学受験指導経験豊富なプロ講師が難関大学突破水準を目指し、12年間をかけて、子ども自身に読ませ、書かせ、考えさせることを徹底するという本来そうあるべき方法で丁寧に指導し結果的に高水準の学力をつけていくことを目指します。

    ■「自分からなかなか始められず、始めても続かない」「親や教師が常に横についていないと、まともに前も向いていられない」といういまどきの手のかかる子ではなく、長期間をかけ、集中力、継続力をつけ、自発的に学習できる子に育てていきます。

    ■設置講座:新小1、2、5、6、中1、3高2。小6年英語。

    ■ベテランプロ講師による医学部東大京大など難関大学、超難関中学受験個人指導、少数限定募集。

    ****************

     高の原駅近くに寺子屋形式の教室を開きます。
     子どもたちが杉の床に座り無垢の一枚板に向かって,たのしみながら,のびのびと学ぶ教室です。

     大学,中学受験のベテランプロ講師が,進学中学高校によらず,東大京大国立医学部など難関大学を目標に,小学1年生から高校3年までの12年間を一貫指導します。

     小手先の受験テクニックの暗記ではなく,長期的視点で「読む」「書く」「聞く」「考える」の基本から丁寧に習得することで,余裕をもって受験も突破するという本来そうあるべき形で学習を進めていきます。

    ※詳しくはお問い合わせください。


    ****************

    南野和俊〔代表「言語」担当〕
    :専門 受験国語

    難関中学,高校受験対策指導のベテラン。

    小学生の国語力を戦略的に着実につけていく指導で人気を博する。これまで関西の有名難関中学に数多くの教え子たちがいます。
    一方で大学受験生の指導も長く,多い。

    東京の超難関有名中高校を卒業後,大学では法学を専攻し,有名銀行での社会人の経験もあります。

    カメラから鉄道まで博覧強記。洋酒をこよなく愛し,パイプのコレクターでもあり,アメリカやイタリアのパイプ作家たちとも親交があります。

    石橋英樹 〔「数理」担当〕
    :専門 受験数学,物理学

    大学時代から20年以上を京都で過ごしてきました。

    大学での専攻は天文学。
    科学全般,思想,文学,文化人類学,社会学、映画論など,多くの分野に関心があります。

    超難関大学受験指導経験が20年以上あり、特に京大や国公立私立医学部には多数の生徒を送り込んできました。

    大人数相手の講義から個別指導まで各形式での指導経験豊富。
    大学受験生はもちろん,大学生,社会人,外国人留学生まで様々な指導経験があります。

    京大トップの学生から,全くの0の学力の学生まで,あらゆるレベルの生徒への指導経験多数。

    妻およびまだ幼い娘、息子、そして猫と暮らしています。

    月別アーカイブ

    リンク

    最新コメント

    日本文学100選

    Twitter on FC2

    RSSリンクの表示

    Twitter on FC2

    淡々と百人一首

      メールフォーム

      名前:
      メール:
      件名:
      本文:

      QRコード

      QR

      フリーエリア

      上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。