06
    1
    2
    3
    4
    5
    6
    7
    8
    9
    10
    11
    12
    13
    14
    15
    16
    17
    18
    19
    20
    21
    22
    23
    24
    25
    26
    27
    28
    29
    30
       

    スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    本質的なこと

    教室近況。

    高3生。まもなく12月。いよいよ受験直前追い込みの時期。
    理系難関大を目指しての物理学の授業。


    物理学をやりながら、一方で、小林秀雄と坂口安吾の対談を読んだ感想を熱く語り続ける青年がいる。
    こんなことを新鮮に語るということは、いまも日々、学習をしながら、一方で読み続けているということ。


    ほんとうに優秀な青年には、この時期によく見られる光景。受験物理で物足りなくなって大学水準の本格的理系書を読み始めたり、突然ギリシア神話に凝りはじめたりといった姿を見たこともある。


    受験勉強という形であれ、学習を進めていくことで、おそらく思考力や集中力などを含む総合力のステージが一段上がり、詰めて考えること、本質的にわかることのよろこび、といったものに目覚めていくという姿だと思われる。


    知識を比例的に積み重ねるからここに到達するのではない。


    このことはとても重要なことだと思う。しかしどうしてもそこがわからない指導者や(要望する親たち)がいて、長時間単純反復という機械的詰め込み型学習システムを組んで、本人を取り囲んでしまう。

    私のささやかな役割があるとすれば、私自身を含めた大抵の教え手たちよりも優秀な水準に至りつつある彼らの「発動」の邪魔をしないという点にある、と自覚している。


    「そんなことをしてないで英単語のひとつでも暗記したらどうだ」、といった水準の思考(言葉)とは違う方向もあるのだと、やりとりを通して示すこと。

     大学受験といえば、多くの青年にとって、最後の本格的な試験。貴重な機会でもある。

     たとえその拘束システムによって、大学入試に受かった(ように見える)としても、そこで終わるわけではない今後の人生において、どのような価値があるのか。

     難関大学入学(卒業ですらない)そのものの価値が知れているというのは、難関大学出身者やその実態を知っている人には、十分にわかっていること。

     受かるにしても受かり方がある。

     このことも、とても重要なはず。

     しかし実際には、ここに「商売」が絡んでくるので、事態がみえにくくなる。

     受からせると商売になる、受からせないと商売にならない。
     という連鎖が確固としてあるように見えるから。

    (実は長時間拘束システムの方が対価を高く取れるといういう点も大きな要因。その効果の程がわからずやっているというより、かなり確信的に、稼げるシステムとして組んでいる人も要所にはいる。)

    消費者と請負業者という枠組みなら確かにそうかもしれない。

    しかし時代は確実に変わっていて、そんな水準にのみ価値を感じる人ばかりではなくなっていると思う。


    というよりも、過去を知れば知るほど、この国においては実は一貫して、何が本質的価値であるかを常に考えている人たちも多かったとわかる。

     そもそもこの教室は、そういう人たちが少なくはないと確信して始めた(今もそれは特に変わっていない)のだけど、こういう青年の登場は、あらためてこれで良かったと思わせてくれる。


     
     きっと彼は、最難関大学合格を達成する。だけど、万一、今回そうでなくても、受けるのが難関大学でさえなくても、そのこととは別に、この姿そのもので十分な価値がある。


    そういえば、小林坂口の話と交互になりながらの入り組んだ電磁気回路の話だったけれど、最後に一言。この箇所の話が初めて十分に理解できました、ともらしていた。さすが。

    ばへのリンク→数理言語教室 ば
    スポンサーサイト

    theme : 子育て・教育
    genre : 学校・教育

    Secret

    カテゴリ

    最新記事

    プロフィール

    数理言語教室 ば

    Author:数理言語教室 ば
     「小学から高校までの12年教育」
    【小1から始めて、集中力、継続力、自発性ある子に】

    ****************

    ■子どもたちは樹の香りのする寺子屋風の教室で、無垢の木の机を囲み、床に座ってのびのびと学習します。

    ■大学受験予備校講師や中学受験指導経験豊富なプロ講師が難関大学突破水準を目指し、12年間をかけて、子ども自身に読ませ、書かせ、考えさせることを徹底するという本来そうあるべき方法で丁寧に指導し結果的に高水準の学力をつけていくことを目指します。

    ■「自分からなかなか始められず、始めても続かない」「親や教師が常に横についていないと、まともに前も向いていられない」といういまどきの手のかかる子ではなく、長期間をかけ、集中力、継続力をつけ、自発的に学習できる子に育てていきます。

    ■設置講座:新小1、2、5、6、中1、3高2。小6年英語。

    ■ベテランプロ講師による医学部東大京大など難関大学、超難関中学受験個人指導、少数限定募集。

    ****************

     高の原駅近くに寺子屋形式の教室を開きます。
     子どもたちが杉の床に座り無垢の一枚板に向かって,たのしみながら,のびのびと学ぶ教室です。

     大学,中学受験のベテランプロ講師が,進学中学高校によらず,東大京大国立医学部など難関大学を目標に,小学1年生から高校3年までの12年間を一貫指導します。

     小手先の受験テクニックの暗記ではなく,長期的視点で「読む」「書く」「聞く」「考える」の基本から丁寧に習得することで,余裕をもって受験も突破するという本来そうあるべき形で学習を進めていきます。

    ※詳しくはお問い合わせください。


    ****************

    南野和俊〔代表「言語」担当〕
    :専門 受験国語

    難関中学,高校受験対策指導のベテラン。

    小学生の国語力を戦略的に着実につけていく指導で人気を博する。これまで関西の有名難関中学に数多くの教え子たちがいます。
    一方で大学受験生の指導も長く,多い。

    東京の超難関有名中高校を卒業後,大学では法学を専攻し,有名銀行での社会人の経験もあります。

    カメラから鉄道まで博覧強記。洋酒をこよなく愛し,パイプのコレクターでもあり,アメリカやイタリアのパイプ作家たちとも親交があります。

    石橋英樹 〔「数理」担当〕
    :専門 受験数学,物理学

    大学時代から20年以上を京都で過ごしてきました。

    大学での専攻は天文学。
    科学全般,思想,文学,文化人類学,社会学、映画論など,多くの分野に関心があります。

    超難関大学受験指導経験が20年以上あり、特に京大や国公立私立医学部には多数の生徒を送り込んできました。

    大人数相手の講義から個別指導まで各形式での指導経験豊富。
    大学受験生はもちろん,大学生,社会人,外国人留学生まで様々な指導経験があります。

    京大トップの学生から,全くの0の学力の学生まで,あらゆるレベルの生徒への指導経験多数。

    妻およびまだ幼い娘、息子、そして猫と暮らしています。

    月別アーカイブ

    リンク

    最新コメント

    日本文学100選

    Twitter on FC2

    RSSリンクの表示

    Twitter on FC2

    淡々と百人一首

      メールフォーム

      名前:
      メール:
      件名:
      本文:

      QRコード

      QR

      フリーエリア

      上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。