11
    1
    2
    3
    4
    5
    6
    7
    8
    9
    10
    11
    12
    13
    14
    16
    17
    18
    19
    20
    21
    22
    23
    24
    25
    26
    27
    28
    29
    30
       

    客人

     昨夜は,この教室に遠方からの客人がいらっしゃいました。総勢で10人ほどです。

     古くからの友人もあり,初めてお会いする方もあり,それぞれの経歴も,年代もさまざまでした。
     話題もあれこれいろいろな方面に及びましたが,ばの座卓を囲んで座って話ができるということはやはり重要だと思いました。
     会議室というプレートを掲げた部屋で,スチール机に座って向き合う「初対面」よりはよほどリラックスして本音の話しもできるのではないでしょうか。
     これはきっと子どもたちも同様だろうと思います。

     興味深い話しも次々に出て時間があっという間に過ぎてしまいました。
     異なる分野の人々がこのように交流できる場というのは大切です。しかし,この種の場は意識的に設けないと,実際はなかなか実現することは難しい。

     このような交流はこれからもこの「ば」では,つくっていこうと思います。
     場合によっては,この種の交わりに子どもたちも同席をしたら良いとも考えています。彼らにもいい刺激になることもきっとあるでしょうから。

     いずれにせよ,知的な意味も含めた柔軟な場としても存在できていければと思います。


     ところで,わたしたちの教室では,10年をかけて結果的に難関大学水準の力をつけるということを目標として掲げています。
     その理由は,難関大学入学がいまのこの時代において重要だと考えているためではありません。これまでの経験から,難関大学入学というものの,いい意味でも悪い意味においてもその実態や水準はある程度は知っているつもりではいます。
     したがって,それのみを目標として掲げるということは,その場の質や水準を,非常にわかりやすく反映してしまうということにも自覚的です。

     ただ逆に,そのような目標をすべて外して抽象的な目標を掲げてしまった場合,自己循環的な自己満足的な教育実験の場所になる危険性が生じてしまうと考えるからです。
     子どもたちを抽象的な考えの実験台にするという危険は何よりも避けなければならない。
     
     それを避けるための具体性の‘くびき’として,または仕掛けとして,このような「目標」を使っているということです。

     したがって,わたしたちの教室では特別に奇矯なことばかりをする予定は今のところありません。オリジナルの工夫は施しますが,ごく普通の教材を使い,ごく普通のカリキュラムに従って,堅実に進めていくことをします。

     実際に「現実的な力」をつけなくては,難関大学の突破はなかなかかないません。
     そのあたりの間合いもわかった上で,なおかつしかし難関大学突破だけには終始しない。そのような微妙で難しい舵取りをしながら,しかし他にはあまりない「味付け」をしていくということを,わたしたちは目指していこうとしています。

     これはいわば職人芸のやりとりですから,マニュアル的研修で技能伝達をしている場所ではなかなか実現できないのではないかとは思います。
     
     子どもたちを強迫的に追い詰めることもない中でお互いにあまり力まずに,ゆったりとした構えで,いつの間にか「現実的な力」がついていく・・・
     そのような場になるために,これから数年をかけて子どもたちとともに,徐々に徐々につくっていくことになるでしょう。
     
     
    数理言語教室 ば

    H.I.

    スポンサーサイト

    theme : 子育て・教育
    genre : 学校・教育

    Secret

    カテゴリ

    最新記事

    プロフィール

    数理言語教室 ば

    Author:数理言語教室 ば
     「小学から高校までの12年教育」
    【小1から始めて、集中力、継続力、自発性ある子に】

    ****************

    ■子どもたちは樹の香りのする寺子屋風の教室で、無垢の木の机を囲み、床に座ってのびのびと学習します。

    ■大学受験予備校講師や中学受験指導経験豊富なプロ講師が難関大学突破水準を目指し、12年間をかけて、子ども自身に読ませ、書かせ、考えさせることを徹底するという本来そうあるべき方法で丁寧に指導し結果的に高水準の学力をつけていくことを目指します。

    ■「自分からなかなか始められず、始めても続かない」「親や教師が常に横についていないと、まともに前も向いていられない」といういまどきの手のかかる子ではなく、長期間をかけ、集中力、継続力をつけ、自発的に学習できる子に育てていきます。

    ■設置講座:新小1、2、5、6、中1、3高2。小6年英語。

    ■ベテランプロ講師による医学部東大京大など難関大学、超難関中学受験個人指導、少数限定募集。

    ****************

     高の原駅近くに寺子屋形式の教室を開きます。
     子どもたちが杉の床に座り無垢の一枚板に向かって,たのしみながら,のびのびと学ぶ教室です。

     大学,中学受験のベテランプロ講師が,進学中学高校によらず,東大京大国立医学部など難関大学を目標に,小学1年生から高校3年までの12年間を一貫指導します。

     小手先の受験テクニックの暗記ではなく,長期的視点で「読む」「書く」「聞く」「考える」の基本から丁寧に習得することで,余裕をもって受験も突破するという本来そうあるべき形で学習を進めていきます。

    ※詳しくはお問い合わせください。


    ****************
    石橋英樹 〔「数理」担当〕
    :専門 受験数学,物理学

    大学時代から20年以上を京都で過ごしてきました。

    大学での専攻は天文学。
    科学全般,思想,文学,文化人類学,社会学、映画論など,多くの分野に関心があります。

    超難関大学受験指導経験が20年以上あり、特に京大や国公立私立医学部には多数の生徒を送り込んできました。

    大人数相手の講義から個別指導まで各形式での指導経験豊富。
    大学受験生はもちろん,大学生,社会人,外国人留学生まで様々な指導経験があります。

    京大トップの学生から,全くの0の学力の学生まで,あらゆるレベルの生徒への指導経験多数。

    妻および小学制の娘、息子と暮らしています。

    月別アーカイブ

    リンク

    最新コメント

    日本文学100選

    Twitter on FC2

    RSSリンクの表示

    Twitter on FC2

    淡々と百人一首

      メールフォーム

      名前:
      メール:
      件名:
      本文:

      QRコード

      QR

      フリーエリア