10
    1
    2
    3
    4
    5
    6
    7
    8
    9
    10
    11
    12
    13
    14
    15
    16
    17
    18
    19
    20
    21
    22
    23
    24
    25
    26
    27
    28
    29
    30
    31
       

    スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    親にとっての不安

     親にとって,結局,子どもたちの教育という点で最も不安に思うことはなんでしょう。

     教育ということを離れれば,もちろん健康に育っていってくれることや,素直な子になってくれることなど,たくさんの優先することがあると思います。

      しかし,それは別として,親として子どもに教育が必要だと思うのはなぜなのか。
     一般的には,将来,「良い」大学に行かせて「良い」職業につかせ,「良い」暮らしをさせるため,といった答えが予想されますが,おそらくそれはあまりに抽象的な言葉すぎて,そんなことをほんとうに求めている親が実際にそんなにいるとは思えません。

     そんな抽象的なことではなく,親にとって切実なのは,この子が将来,自分で独り立ちをして自分たちがいなくなった後も無事に暮らしていけるのか。
     もっと,有り体に言えば,それまでの間に,「道」を外れてしまったり,周囲の皆からのいじめにあったり,外の世界に出て行けなくなってしまったりしないかというようなリアルな不安なのではないでしょうか。

     良い暮らしや,良い稼ぎなどの抽象的な将来の前に,まずはそもそもそこまで無事にたどりつけるのか。その「恐怖」に衝き動かされている親御さんが実は多いのではないでしょうか。

     でなくては,あれほどのお受験競争にはならないと思います。

     もちろん,有名学校に進学したからといって,そのようなリスクがなくなるわけではありません。しかしその種のリスクを少しでも減らせるなら,子どものためにそういう環境を用意してあげたい。そのための手段として,教育を要望するといったところが,本音なのではないでしょうか。

     わたし自身も,幼い子どもを二人もつ立場となったいま,その不安感は良くわかります。様々な子どもたちを具体的に知っている分,その不安感はむしろ大きいかも知れません。

     ただ有名学校進学が,やはり解決策ではないと思います。そういう例もやはりたくさん経験上,知っているからです。

     全国的にも名前を知られている,ある有名進学校の生徒たちはすいぶんたくさん見てきましたが,(なかなか難しいですが,)自分の子どもがもしもそこに行けるようになったとしても,わたしなら勧めません。病の一歩手前や実際に精神的な傷を負った生徒達を幾人も知っているからです。順調に過ごしていっているような生徒もどこか歪みがみられることが多かった。

     たとえば,勉強をするにしても自ら進んで強制管理を望み,それに対してほとんど疑問をもたず従うような性質に見事にされてしまっていました。
     (ちなみにそこの生徒たちが進学をしていった,ある有名大学の内部の人の話をきいたことがありますが,その学校の出身者は大学に入ってから伸びないことで知られていたそうです。もちろん,確証はありませんが。)


     ではどうするか。これが難しい。

     わたしたちはその方面には詳しい,講師業のベテランですが,実際に自分の子どもならどうするかと言われると,実態に詳しい分だけ余計に答えに窮します。
     同僚などを見ていると,結局は,一般の親御さんたちと同様に,できるだけいい学校に入れて・・・という選択をしていることが多いように見えます。

     つまり,他の選択肢がないのです。

     自分の子どもだけの特別な方法があって,単なる客としての生徒には教えないことにしてるような,そんな悪質な教師は見たことはありません。皆,それぞれに目の前の各生徒の将来のことをやはり懸命に考えてはいる。その結果,やはり一番無難なのは,有名校に進学させることだと思えるから,それに頑張って取り組んでいるのです。

     わたしはずっとこの問題のねじれ方を含めた構造を考えてきました。

     おそらく,選択肢は本来の要求や希望(子ども達の独り立ち)とは異なる平面(有名校進学)で示されているのに,現段階ではそれしかないから,それを答えと思い込んでしまっている(もしくは思い込むしかない)ということだと考えます。

     これは一連の食品偽装問題のときの考え方の構造と似ています。中国産品の問題が起きていたのは日本の食品偽装と同時期でした。この場合,あちらもこちらも信じられないから,どちらも食べられないというのが,「論理的」に考えれば,正しい答えですが,我々は食べていかないわけにはいかない。 その結果どうなったかと言えば,スーパーからは中国産品のみが減らされ,人々は日本製かどうかを重視して選んだ。日本製品の偽装が連日報道されているまさにそのときにです。

     もちろん,この背景には複雑な事情が存在していることはわかります。しかしそれと同程度の複雑な背景は有名校進学熱にもあるはずです。

     結局は,有名校進学はストライクゾーン(独り立ちという目標)からは,外れている球(解決策)であるはずなのに,皆が気づかないふりでそれを投げ続けているのではないかということです。

     もちろん,世間的には「失敗」と見なされるような例は外部になかなか漏れにくいし,宣伝もされないというのも大きいでしょうが。(ちなみに,わたしはこのような管理的な学校になじまない生徒の方がむしろ自然だと思っていましたし,そのように本人にも常に伝えていました。)

     ここまでは単なる(簡易な)分析に過ぎません。

     相変わらず,残るのは,ではどうすればいいのかということです。

     その結果,選択肢がないならばその選択肢を自分たちでなんとか作ってみようと考えたのです。
     独り立ちが本来の目標なら,自立した力をつけさせることを第一義にしようと思いました。
     ただし,抽象的な目標ではなく,難関大学という具体的な目標をおきます。

     有名校進学のみが第一目標ならば,どういう方法であってもその試験を突破できればいいわけです。それがいままでの「ねじれ」の実態です。

     しかし,わたしたちは,そちらではなくて,その本人そのものに自立した力をつけさせる方を優先しようと思います。そのように目標の設定を変えることによって,たとえ,まったく同一の教材を使っていても,まったく同じメンバーで教えるとしても,そこの向き合い方は変わるはずだと思います。

     その結果として,有名中学や高校を志望しても良いし,受かってしまっても良い。可能ならば,そのままサポートは続けます。いずれにせよ,自立した学習や思考や行動のできることに長期間を努めて,結果的に難関大学入試でも対応できるようになることを目指します。

     陰湿なイジメや場のありかたとの関わりについては,またこの次の機会に。

    H.I

    「数理言語教室 ば」
    スポンサーサイト

    theme : 子育て・教育
    genre : 学校・教育

    Secret

    カテゴリ

    最新記事

    プロフィール

    数理言語教室 ば

    Author:数理言語教室 ば
     「小学から高校までの12年教育」
    【小1から始めて、集中力、継続力、自発性ある子に】

    ****************

    ■子どもたちは樹の香りのする寺子屋風の教室で、無垢の木の机を囲み、床に座ってのびのびと学習します。

    ■大学受験予備校講師や中学受験指導経験豊富なプロ講師が難関大学突破水準を目指し、12年間をかけて、子ども自身に読ませ、書かせ、考えさせることを徹底するという本来そうあるべき方法で丁寧に指導し結果的に高水準の学力をつけていくことを目指します。

    ■「自分からなかなか始められず、始めても続かない」「親や教師が常に横についていないと、まともに前も向いていられない」といういまどきの手のかかる子ではなく、長期間をかけ、集中力、継続力をつけ、自発的に学習できる子に育てていきます。

    ■設置講座:新小1、2、5、6、中1、3高2。小6年英語。

    ■ベテランプロ講師による医学部東大京大など難関大学、超難関中学受験個人指導、少数限定募集。

    ****************

     高の原駅近くに寺子屋形式の教室を開きます。
     子どもたちが杉の床に座り無垢の一枚板に向かって,たのしみながら,のびのびと学ぶ教室です。

     大学,中学受験のベテランプロ講師が,進学中学高校によらず,東大京大国立医学部など難関大学を目標に,小学1年生から高校3年までの12年間を一貫指導します。

     小手先の受験テクニックの暗記ではなく,長期的視点で「読む」「書く」「聞く」「考える」の基本から丁寧に習得することで,余裕をもって受験も突破するという本来そうあるべき形で学習を進めていきます。

    ※詳しくはお問い合わせください。


    ****************
    石橋英樹 〔「数理」担当〕
    :専門 受験数学,物理学

    大学時代から20年以上を京都で過ごしてきました。

    大学での専攻は天文学。
    科学全般,思想,文学,文化人類学,社会学、映画論など,多くの分野に関心があります。

    超難関大学受験指導経験が20年以上あり、特に京大や国公立私立医学部には多数の生徒を送り込んできました。

    大人数相手の講義から個別指導まで各形式での指導経験豊富。
    大学受験生はもちろん,大学生,社会人,外国人留学生まで様々な指導経験があります。

    京大トップの学生から,全くの0の学力の学生まで,あらゆるレベルの生徒への指導経験多数。

    妻および小学制の娘、息子と暮らしています。

    月別アーカイブ

    リンク

    最新コメント

    日本文学100選

    Twitter on FC2

    RSSリンクの表示

    Twitter on FC2

    淡々と百人一首

      メールフォーム

      名前:
      メール:
      件名:
      本文:

      QRコード

      QR

      フリーエリア

      上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。