07
    1
    2
    3
    4
    5
    6
    7
    8
    9
    10
    11
    12
    13
    14
    15
    16
    17
    18
    19
    20
    21
    22
    23
    24
    25
    26
    27
    28
    29
    30
    31
       

    スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    1週間

     さてあっという間に1週間がたってしまいました。

     この1週間,子どもたちはとても楽しんでくれました。こちらが予想した以上に,最初の日からすっかりここになじんでくれたのです。

     1週間を過ごしてみて,あらためて思うのは,やっぱり心地の良い場だということです。

     やわらかな木の床に座るということは,そしてこの無垢板の手触りというのは,心をやわらげます。
     小学生たちは,予想通り,間違ったーと叫んでは寝転び,できたーとはしゃいでは床をすべります。ひとやすみの時は,机にほおをすりあてて,なにやらうっとりなごんでいる様子。

     実は,わたしたちが多少案じていたこともありました。この「ば」では小学生たちも授業は1コマ90分です。それが2コマ続くこともあります。これは学校にくらべると,ずいぶん長く感じるかもしれません。特に小学校3年生にとっては,苦痛にならないかと心配だったのです。

     しかしそれはまったくの杞憂でした。

     彼らは,最初の日から90分でも,180分でも見事にやりきったのです。
     ここには大人数の学校や塾のように「逃げ場」はありません。常にわたしたちはひとりひとりに目配りをしているからです。
     先生と生徒が,管理する者と管理される者の関係性の中での場合は,これはなかなか辛い状況であることは想像していただけると思います。しかしわたしたちには,「管理」する気なんて,はなからありません。

     彼らを常に見ていながらあえて見ず,見ないでいながら見るという間合いで対しているからです。こういう場ではおのずとそういう向き合い方になるともいえます。
     彼らは床をすべり回ってもいい。奇声をあげてくれてもかまいません。一滑りし,叫んだ後は,また机にすーと戻ってきて一気に転換して次の問題に真剣に集中して取り組む。
     充実した場では,これが可能になるのです。
     そしてこういう雰囲気になれば,長時間を長い苦痛の時間とは感じなくなるのです。したがって集中力がもつわけです。

     これはそういう場を経験したことがある人でなくては,わからない感覚かも知れません。

     わたしたちは,ここをつくるにあたって,こういう雰囲気にどうやってもっていこうかと,それをなによりも優先して考えました。もしかすると,しばらく時間がかかるかも知れないと考えてもいたのです。
     しかし何ともあっさり,そのような雰囲気になりつつあります。

     これは,今回,わたしたちの考えに共鳴くださり,信頼もして預けてくださった親御さんたちの支えがあってこそのことだとほんとうに思います。
     皆さん,このような他にはなかなかないコンセプトの教室をのぞいてくださって,この教室に座っていただいてそれを感知していただいていたのでしょうか。

     小学生たちは,おそらく学校でならば,数日分(もしかすると1週間以上分)に相当するような分量のプリントを楽しげにこなして,帰っていきました。帰宅後には,ソファでそのまま熟睡してしまった子もいたそうです。きっと充実感があったと思います。

     もちろん,これからだれる時期もあることでしょう。あってもいいのです。わたしたちは意識的にあれこれ寄り道もさせます。そんなことをしながらも,わたしたちの芯がぶれなければ,やがてこういう密度の長時間も楽々と長期にわたってこなすようになることでしょう。そうすればあとは,おのずと力はついていくし,着実に成長していくのは間違いありません。


     それにしても,思ったのは,わたしたち自身も実にたのしかったということです。

     これはとても良いことにちがいない。 

     というわけで,明日からもまた新しい日々はつづきます。

    数理言語教室 ば
     H.I.
    スポンサーサイト

    theme :
    genre : 学校・教育

    ええかんじですねー♪

    いやはや。読ませていただくだけで元気になります。ありがとうございます。

    元気

     ohsuminaotoさん,コメントありがとうございます。
     「ええ感じ」でしょう?(笑)ほんとうにわたしたちも彼らから元気をもらっているのです。今日も一日中,授業がありましたが,ぜんぜん疲れを感じません。
     しかし子どもたちは,おそらくまだちょっとは遠慮して控えている(はず)でしょうから,そのうちタイヘンにはなるかも。(笑)
    Secret

    カテゴリ

    最新記事

    プロフィール

    数理言語教室 ば

    Author:数理言語教室 ば
     「小学から高校までの12年教育」
    【小1から始めて、集中力、継続力、自発性ある子に】

    ****************

    ■子どもたちは樹の香りのする寺子屋風の教室で、無垢の木の机を囲み、床に座ってのびのびと学習します。

    ■大学受験予備校講師や中学受験指導経験豊富なプロ講師が難関大学突破水準を目指し、12年間をかけて、子ども自身に読ませ、書かせ、考えさせることを徹底するという本来そうあるべき方法で丁寧に指導し結果的に高水準の学力をつけていくことを目指します。

    ■「自分からなかなか始められず、始めても続かない」「親や教師が常に横についていないと、まともに前も向いていられない」といういまどきの手のかかる子ではなく、長期間をかけ、集中力、継続力をつけ、自発的に学習できる子に育てていきます。

    ■設置講座:新小1、2、5、6、中1、3高2。小6年英語。

    ■ベテランプロ講師による医学部東大京大など難関大学、超難関中学受験個人指導、少数限定募集。

    ****************

     高の原駅近くに寺子屋形式の教室を開きます。
     子どもたちが杉の床に座り無垢の一枚板に向かって,たのしみながら,のびのびと学ぶ教室です。

     大学,中学受験のベテランプロ講師が,進学中学高校によらず,東大京大国立医学部など難関大学を目標に,小学1年生から高校3年までの12年間を一貫指導します。

     小手先の受験テクニックの暗記ではなく,長期的視点で「読む」「書く」「聞く」「考える」の基本から丁寧に習得することで,余裕をもって受験も突破するという本来そうあるべき形で学習を進めていきます。

    ※詳しくはお問い合わせください。


    ****************
    石橋英樹 〔「数理」担当〕
    :専門 受験数学,物理学

    大学時代から20年以上を京都で過ごしてきました。

    大学での専攻は天文学。
    科学全般,思想,文学,文化人類学,社会学、映画論など,多くの分野に関心があります。

    超難関大学受験指導経験が20年以上あり、特に京大や国公立私立医学部には多数の生徒を送り込んできました。

    大人数相手の講義から個別指導まで各形式での指導経験豊富。
    大学受験生はもちろん,大学生,社会人,外国人留学生まで様々な指導経験があります。

    京大トップの学生から,全くの0の学力の学生まで,あらゆるレベルの生徒への指導経験多数。

    妻および小学制の娘、息子と暮らしています。

    月別アーカイブ

    リンク

    最新コメント

    日本文学100選

    Twitter on FC2

    RSSリンクの表示

    Twitter on FC2

    淡々と百人一首

      メールフォーム

      名前:
      メール:
      件名:
      本文:

      QRコード

      QR

      フリーエリア

      上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。