08
    1
    2
    3
    4
    5
    6
    7
    8
    9
    10
    11
    12
    13
    14
    15
    16
    17
    18
    19
    20
    21
    22
    23
    24
    25
    26
    27
    28
    29
    30
    31
       

    スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    ジュリー

     ジュリーねたが一部盛り上がっているようですが,小学生たちにとっては,ミック・ジャガーとまでしなくても,たとえばフランク・シナトラでさえ区別がつかないでしょうね。
     二人の写真を並べてどちらがジュリーでシナトラか選ばせてみたときの正解率は興味深い。
     まったくランダムに選ぶという前提なら,半々に別れるはずですが,実際はそうはならないでしょう。

     「言語」の授業ネタでいかがでしょうか。小朝になる前の写真を使うならば,カールスモーキー石井あたりと比較する手もあるかも知れません。

     思えば親の世代というのはいまだ昭和の人々であるわけです。そしてもちろん子どもたちは平成生まれです。

     現在の親子問題の側面のひとつとして,実は昭和と平成の時代問題というのも含むのです。もちろん元号などは人為的に決めたものでそれほどの意味がないと考える人もいるでしょう。

     たしかに,さしたる意味はないのかも知れない。しかし「昭和」と「平成」の何というか「密度」の相違を感じないでしょうか。あるいは「湿度」の違いと言ってもいい。
     これは親と子の間の「湿度」の差となって,単なる世代問題に加えてお互いの理解を妨げている一因となっている可能性もある。

     当時,何かの「思想家」たちの対談で,いわゆる新人類たちに対して,「彼らの時代の歌というのは,ピンクレディなんですよ。年を取った時に,あんなものを懐かしく感じるんだろうか」といった発言があったのを思い出します。
     しかし実際に,「新人類」世代にとってやっぱり懐かしいことでしょう。
     その意味では「ピンクレディ」はやはり「湿度」の時代の歌手だったと思えます。

     ちなみに当時流行した「新人類」という語は,単に‘新しい気質をもった世代’というくらいの意味とは別の射程をもってつけられた言葉です。
     これもまた別の機会に触れてみましょう。

     昭和世代には,その当時の風景もその後の展開も記憶にあるはずです。たとえばバブルの絶頂とその崩壊がありました。それはちょうど今現在の光景ともかぶる部分もあり,一種の既視感がないでしょうか。

     バブルの絶頂期,人々は浮かれていました。おそらく当時はボディコン姿で連日夜の街に繰り出す生活を送っていながら,いまは親の立場になると,遊び歩いてはいけないと澄まして子どもに注意している自分の姿に矛盾を感じている人もいることでしょう。

     しかし人間はそう単純に鈍くはなりきれないわけです。あの当時も浮かれていた人ばかりではなかった。もしくは浮かれていながら,そこに虚しさや不安を感じている人も多かった。

     そしてバブルが崩壊し,一転,不況の中であの95年に向けて新興宗教に魅かれる若者たちも増えていきました。

     あのとき,それと並行して,東欧には次々に「革命」がおこり,ソ連が崩壊するという「信じられない」ことも現実化しました。つづいて湾岸戦争も発生し,国内でも野党と与党の政権交代も既にあのときに一度起きているわけです。


     再び不況期に突入した既視感の中で,前回の崩壊後と何が同様で何が決定的に違っているのか。

     いずれにせよ,これから「信じられないこと」が起きていくでしょうし,そこでは不安に取り入る誘惑も増えていくことでしょう。
     超越的な言葉による商売も流行するかも知れない。


     子どもたちはこれからそういう時代の中で成長していくわけです。


     そしてわたしたちは親御さんたちとともに,そういう環境の中で,子どもたちに向き合っていかなくてはならない。
     超越的な言葉による誘惑に,どのような対処の方法があるのかは,客人の時にもテーマのひとつとなりました。

     これは難しい設問です。
     大人の側の議論では,誘惑されてはいけないということは大前提で始めますが,わたしはそれはなかなか有効にはなりにくいのではないかと考えています。
     それではあちらに向かう子どもたちを止めることは難しい。

     そもそも子どもたちを止めなくてはならないのか。
     あちらに行くことはまずいのだと,そもそもなぜ自分たち自身がそう信じているのか。
     そこを経た言葉でなくては,なかなか力は持てないのではないか。 

     これは更に突っ込んで展開をしてみなくてはならない論点です。
     

     ところで考えてみれば,もうすぐ平成生まれの親たちが登場してくる。それをきいてぞっとする人もいるのではないでしょうか。
     彼らはすでに「ザ・ベストテン」も知りませんし,もちろんジュリーとシナトラの区別は不可能でしょう。

     昭和世代が退場局面に入っていく中で平成生まれの彼らが中核を占めていく時代に果たして,共通言語を持たないわれわれにどのような役回りが可能なのか。

     ‘厳しく説教・叱責し、「君たちのお母さん世代をクラクラさせた永遠の麗人である」ということを教えさとす’というのはたしかにひとつの手かも知れませんね。

     というわけで,「言語」の授業はますますはじけてください。


    数理言語教室 ば
     H.I.

    スポンサーサイト

    theme : 雑記
    genre : その他

    Secret

    カテゴリ

    最新記事

    プロフィール

    数理言語教室 ば

    Author:数理言語教室 ば
     「小学から高校までの12年教育」
    【小1から始めて、集中力、継続力、自発性ある子に】

    ****************

    ■子どもたちは樹の香りのする寺子屋風の教室で、無垢の木の机を囲み、床に座ってのびのびと学習します。

    ■大学受験予備校講師や中学受験指導経験豊富なプロ講師が難関大学突破水準を目指し、12年間をかけて、子ども自身に読ませ、書かせ、考えさせることを徹底するという本来そうあるべき方法で丁寧に指導し結果的に高水準の学力をつけていくことを目指します。

    ■「自分からなかなか始められず、始めても続かない」「親や教師が常に横についていないと、まともに前も向いていられない」といういまどきの手のかかる子ではなく、長期間をかけ、集中力、継続力をつけ、自発的に学習できる子に育てていきます。

    ■設置講座:新小1、2、5、6、中1、3高2。小6年英語。

    ■ベテランプロ講師による医学部東大京大など難関大学、超難関中学受験個人指導、少数限定募集。

    ****************

     高の原駅近くに寺子屋形式の教室を開きます。
     子どもたちが杉の床に座り無垢の一枚板に向かって,たのしみながら,のびのびと学ぶ教室です。

     大学,中学受験のベテランプロ講師が,進学中学高校によらず,東大京大国立医学部など難関大学を目標に,小学1年生から高校3年までの12年間を一貫指導します。

     小手先の受験テクニックの暗記ではなく,長期的視点で「読む」「書く」「聞く」「考える」の基本から丁寧に習得することで,余裕をもって受験も突破するという本来そうあるべき形で学習を進めていきます。

    ※詳しくはお問い合わせください。


    ****************
    石橋英樹 〔「数理」担当〕
    :専門 受験数学,物理学

    大学時代から20年以上を京都で過ごしてきました。

    大学での専攻は天文学。
    科学全般,思想,文学,文化人類学,社会学、映画論など,多くの分野に関心があります。

    超難関大学受験指導経験が20年以上あり、特に京大や国公立私立医学部には多数の生徒を送り込んできました。

    大人数相手の講義から個別指導まで各形式での指導経験豊富。
    大学受験生はもちろん,大学生,社会人,外国人留学生まで様々な指導経験があります。

    京大トップの学生から,全くの0の学力の学生まで,あらゆるレベルの生徒への指導経験多数。

    妻および小学制の娘、息子と暮らしています。

    月別アーカイブ

    リンク

    最新コメント

    日本文学100選

    Twitter on FC2

    RSSリンクの表示

    Twitter on FC2

    淡々と百人一首

      メールフォーム

      名前:
      メール:
      件名:
      本文:

      QRコード

      QR

      フリーエリア

      上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。