06
    1
    2
    3
    4
    5
    6
    7
    8
    9
    10
    11
    12
    13
    14
    15
    16
    17
    18
    19
    20
    21
    22
    23
    24
    25
    26
    27
    28
    29
    30
       

    スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    「先生」のタイプ’

     4月も半分ほど過ぎました。
     この「ば」の生徒たちも,それぞれ新しい学年や,新しい学校になじみ始めてきているようで,学校のいろいろな報告をしてくれます。
     こちらがきいてもいないのに,あれこれあれこれととめどなく,日常風景を上機嫌に語り続けてくれるような教室の雰囲気がわたしは好きですが,小学生たちはそんな感じになってきています。
     
     ところで,今日は教え手である,いわゆる「先生」について。

     教えるということには様々な側面があり,たとえば,「生徒のやる気をどのように引き出すか」は,かなり重要なテーマであって,「やる気スイッチ」を押して・・・という単純な構造ではありません。
     これに関しての先生のタイプもいろいろあって,しかし,こちらは大物になりますので,また次に機会をつくります。

     今日は,その文脈ではない見方をしたときの,「先生」のタイプについて書いてみます。

     一般に「教える」と言われていることにも,実はいくつかの段階や種類があります。
     まず,自分が問題を解けるかどうか。
     次に解けるとしても,それを子どもたちにうまく教えられるか。
     更に教えられたとしても,子ども達の力を伸ばせるかどうか。

     一見しただけではわかりにくいですが,各内容にはかなりの違いがあります。
    しかも必ずしも,段階的になっているわけでもありません。
     このあたりの違いは,親や生徒はもちろん,おそらく当の先生たち自身もあまり自覚的ではないことが多いのが現実です。
     わたしの経験上では,教務のプロ,目利きではないと,なかなかこのあたりの水準で見ている人はいませんでした。

     わたしは,「ベテラン」に相当する年代なので,かなりの数の先生方の様子をみてきました。評判のいい先生方も,実力はあるのに人気は不思議に出ない先生方も,緊張して講義前から汗をかき続けている新人もたくさん知っています。有望な教え子たちを,大学に入ったあとに教え手でやらせてみた経験も何回もあります。

     新人でやらせてみたときに,まず決定的に「向かない」タイプの人も結構な割合でいます。その人物の良い悪いには関係なく,単に向かない人です。そもそも「気の利かない」タイプの人にはこの職業は向いていません。長く残っている人は,かなりのベテランの人でも,近くや裏から見るとやはりこまやかにあれこれと気遣いをしている人も多い。大御所と呼ばれるような人でもです。

     向かないタイプの人はどのみち短期で離れていくことが多いですし,それはある意味でお互いにとって良いことでしょうし,実はどの職場でも基本的にはそうなのでしょう。(「公務員」はどういう実態かは別として。)

     なかには最初からかなり生徒に受けてしまう先生もいます。特に若い学生バイトではそのあたりは顕著です。とりあえず,若くて明るくてそれなりに格好良ければ(かわいければ)子どもは興味をもつからです。ただ,教科知識という意味では,この段階ではかなり怪しい人も多いのは事実です。

     この受けの良さにうまくはまってしまうと,その後,この職業に本格的に就くということになる場合もあります。人気が出てしまったときの高揚感は,なかなか捨てがたいものがありますから。
     そのうちに,最初は怪しかった教科知識も,さすがに反復で定着してきて,30前後では一人前の「先生」となってしまうわけです。しかもこのあたりまで残っている「先生」はアンケートや教務の目など,一種のフィルターも通ってきていますから,教え方もそれなりにうまい人が多い。

     わたしは「教える」という意味で,特にこのあたりの年代に注目をしています。塾や予備校という意味では中核部隊でもあるからです。

     このあたりの年代になってくると,単純に若いというだけでは受けなくなってきますから,授業段取りも充実してきますし,生徒あしらいのノウハウもかなりのものになってきます。
     彼らの授業後には,生徒たちは質問をしようと列をつくります。その列の長さが一種のステイタスとなるわけです。
     とはいえ,質問と言っても,実際には質問ではなく,人気の先生とのコミュニケーションを求めたり,単に甘えてみたいだけというものも多い。たとえば,典型的な会話は,「せんせいさっきの授業ぜんぜんわからんかった」「どこがわからなかった?」「ぜんぶう」「しょうがないなあ,こんどはよくきいておけよ」・・・となって,ふたたび一から解説が始まるというものです。冗談や笑い声のまじる「良い」雰囲気の中で。もちろんしばしば話は横道にそれます。
     彼ら彼女らは,しゃべり疲れると,ようやく帰っていくわけですが,その生徒は今度も理解したかは怪しい限りです。教える先生もそれはある程度わかっています。

     なのになぜ毎回,それが儀式のように続くのか。

     ひとつは,それが「教える」「教わる」ということだと,双方が思っているからだと思います。

     2つめには,それが心地よいからだということも大きい。こういう和気あいあいの中で過ごせることは,生徒にとってはもちろん,「先生」にも確実に心地よいのです。

     そして3つ目は,そうでないと不安だからです。これは実は授業内容が理解も定着もできていない生徒にとってはもちろん,このように甘えてもらうことで,自分の人気確認,自己の存在価値の確認をしている「先生」にとっても同様です。

     2つ目と3つ目はコインの表裏の関係で,実は同一のことでしょう。
    (なおかつ,もっとも深刻なのは,ひとつ目の内容だと思います。
     つまり,「まとも」な教え方・教わり方というものを,そろそろ知らない世代の先生方も中核部隊になってきているという事実です。)

     わたしは教えるということについてのシステムには,ずっと興味を持ってきましたので,このような種類の教え方をしている先生方とそこに付いている生徒については,意識的に見てきましたが,やはり結局は伸びないことが多い。

     しかし伸びないということは,今時では,そのまま入試突破ができないことを意味するわけではありません。
     いまの時代,志望を下げれば,いくらでも学校はありますし,生徒も別にそれでいいと思えば,それで丸くおさまるという顛末になるからです。
     親にしても,あれだけ熱心ないい先生にべったりついて長時間補習までして教えてもらったのに,結局できるようにはならなかったのは,うちの子どもの能力が足りなかったからに違いないと,納得もすることでしょう。

     しかしほんとうにそうだったのでしょうか。
     
     実はこのような「共依存」的な関係こそが,力がうまく付かなかった一因ではなかったのか。
     ここはもう少し分析してみなくてはなりません。

     続きは次回に。 

    数理言語教室 ば
     H.I.
    スポンサーサイト

    theme : 子育て・教育
    genre : 学校・教育

    Secret

    カテゴリ

    最新記事

    プロフィール

    数理言語教室 ば

    Author:数理言語教室 ば
     「小学から高校までの12年教育」
    【小1から始めて、集中力、継続力、自発性ある子に】

    ****************

    ■子どもたちは樹の香りのする寺子屋風の教室で、無垢の木の机を囲み、床に座ってのびのびと学習します。

    ■大学受験予備校講師や中学受験指導経験豊富なプロ講師が難関大学突破水準を目指し、12年間をかけて、子ども自身に読ませ、書かせ、考えさせることを徹底するという本来そうあるべき方法で丁寧に指導し結果的に高水準の学力をつけていくことを目指します。

    ■「自分からなかなか始められず、始めても続かない」「親や教師が常に横についていないと、まともに前も向いていられない」といういまどきの手のかかる子ではなく、長期間をかけ、集中力、継続力をつけ、自発的に学習できる子に育てていきます。

    ■設置講座:新小1、2、5、6、中1、3高2。小6年英語。

    ■ベテランプロ講師による医学部東大京大など難関大学、超難関中学受験個人指導、少数限定募集。

    ****************

     高の原駅近くに寺子屋形式の教室を開きます。
     子どもたちが杉の床に座り無垢の一枚板に向かって,たのしみながら,のびのびと学ぶ教室です。

     大学,中学受験のベテランプロ講師が,進学中学高校によらず,東大京大国立医学部など難関大学を目標に,小学1年生から高校3年までの12年間を一貫指導します。

     小手先の受験テクニックの暗記ではなく,長期的視点で「読む」「書く」「聞く」「考える」の基本から丁寧に習得することで,余裕をもって受験も突破するという本来そうあるべき形で学習を進めていきます。

    ※詳しくはお問い合わせください。


    ****************

    南野和俊〔代表「言語」担当〕
    :専門 受験国語

    難関中学,高校受験対策指導のベテラン。

    小学生の国語力を戦略的に着実につけていく指導で人気を博する。これまで関西の有名難関中学に数多くの教え子たちがいます。
    一方で大学受験生の指導も長く,多い。

    東京の超難関有名中高校を卒業後,大学では法学を専攻し,有名銀行での社会人の経験もあります。

    カメラから鉄道まで博覧強記。洋酒をこよなく愛し,パイプのコレクターでもあり,アメリカやイタリアのパイプ作家たちとも親交があります。

    石橋英樹 〔「数理」担当〕
    :専門 受験数学,物理学

    大学時代から20年以上を京都で過ごしてきました。

    大学での専攻は天文学。
    科学全般,思想,文学,文化人類学,社会学、映画論など,多くの分野に関心があります。

    超難関大学受験指導経験が20年以上あり、特に京大や国公立私立医学部には多数の生徒を送り込んできました。

    大人数相手の講義から個別指導まで各形式での指導経験豊富。
    大学受験生はもちろん,大学生,社会人,外国人留学生まで様々な指導経験があります。

    京大トップの学生から,全くの0の学力の学生まで,あらゆるレベルの生徒への指導経験多数。

    妻およびまだ幼い娘、息子、そして猫と暮らしています。

    月別アーカイブ

    リンク

    最新コメント

    日本文学100選

    Twitter on FC2

    RSSリンクの表示

    Twitter on FC2

    淡々と百人一首

      メールフォーム

      名前:
      メール:
      件名:
      本文:

      QRコード

      QR

      フリーエリア

      上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。