04
    1
    2
    3
    4
    5
    6
    7
    8
    9
    10
    11
    12
    13
    14
    15
    16
    17
    18
    19
    20
    21
    22
    23
    24
    25
    26
    27
    28
    29
    30
       

    スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    ジュリアン・ソレル登場

     昨日は,わたしたちの新しい「仲間」であるW先生による英語の体験講座でした。


     「英語」とは言っても,英語をとっかかりとした顔合わせ,お互いの紹介という内容で行われました。

     各生徒たちひとりひとりがいまどんな勉強をしているか。どんなことに興味をもっているか。この先,どんなふうに勉強をしていったらいいか。

     それだけではありません。漫画も含めて,これまでどんな本を読んできたか,いまどんな本を読んでいるか,これからどんな本を読んでいきたいか。それをひとりひとりから聞いていきながら,お互いの理解や現状を知り合っていく時間となりました。

     こういう興味や関心は改めておたがいに率直に語り合わない限り,なかなか知ることはできません。中学生や高校生ともなると,親も子どもの関心をよく知らないことも多いでしょう。それどころか「友人」同士でも,あやしい場合もあります。


     ただこれを,大教室で大人数の前で,ひとりだけ立たされて,「報告させられて」いくという雰囲気の中でやらされた場合には,大多数の青年たちにとって気の重い,気恥ずかしい時間にしかならないでしょう。そういう場で自分の気持ちを素直に表すことはなかなかむずかしい。

     しかし木の床に座り座卓を囲んで向かい合いながら「世間話」のような雰囲気であれば,お互いに本音が出るようです。なによりW先生自身が,初回にもかかわらず「自分ちの2階」でやっているかのようにリラックスでき,楽しくやれたともらしていました。

     この雰囲気ならおもしろいことができそうだと言っていました。経験も長く,場数を踏んでいるとそのあたりの鼻はきくようになるのです。


     前回の「知って得する豆知識」では,わたしたちがいろいろな問いにこたえる形式で,豆知識の提供を行いました。これは今週発行のタウン誌クレーるに載ります。


    ((ちなみに,あの場で求められているのは,あくまで「豆」なので,その「豆」の背景や根拠を長々と述べるわけにはいきませんでした。

     たとえば作者の「イイタイコト」はかたかなになっていますが,これは「言いたいこと」とは同一ではないわけです。

     作品には作者の主張があらかじめ独立に超越的にあって,作者は完全に意識的に管理してそれを作品に埋め込み,読む者はシールをはがすようにしてそれを探し当てることが「読解」であるといった,素朴で古典的な水準で考えているわけではありません。

     「数学力」や「論理」への言及に関してもそれほど‘ナイーヴ’な認識ではないつもりですが,そのあたりもここでおいおい触れていくつもりです。))


     さて豆知識では,子どもたちが本を読まないことに悩む親御さんへの回答を載せました。
     もちろん一般的に実践できる方法のひとつを提供したわけですが,やはりひとりで継続的に読んでいくようになるのは,なかなかむずかしいことではあるでしょう。

     これはわたしたちの教室においても同様です。


     そこでW先生の登場なのです。彼は,さまざまな場所で授業は授業として行いながら,ゲリラ的に生徒達に声をかけて集め,文学講読会を開いてきました。

     読む本そのものを生徒たちに選ばせ,それをみんなで買いに行って,毎週決められたページ数を読んできて互いに報告をしあうというものです。

     古典と呼ばれる作品で,しかもかなりの長編を選んでは次々と読破していくのですが,ひとりではなかなか読み切ることがむずかしい長さでも,皆で読み続けていくと不思議とやれるらしいのです。


     たとえばある場所の会で,最初に生徒たちが選んだ作品はスタンダールの「赤と黒」。
     野心的な青年ジュリアン・ソレルが主人公の長大な作品です。

    51Nx-o53aUL__SS500_.jpg


     まだ読んでいない方のために粗筋の紹介は控えますが,最初は不慣れな子どもたちもそのうち嬉々として読んで来るようになるのだとか。

     もちろん,他の誰かがマニュアル的に形式を真似てやっても続けることは困難でしょう。誰にでもやれることではありません。W先生に自分の感動を報告したいと生徒たちが思うからこそ継続ができるわけです。


     このような才能の持ち主はそうそういるわけではありません。

     だからこそわたしたちのこの「ば」に彼を誘ったわけです。


     彼は多才なので,多くの科目をやることができますが,ここでは,授業としてはとりあえず英語を担当します。
     生徒の力の発達をみながら,たとえば文法などのおさえておかなくてはならない事項をまずは集中的にきちんと習得したうえで,あとはひたすら長文を一緒に読んでいこうというもくろみだということです。 

     感受性豊かな青年期をともにする大人として,彼はきっと生徒たちにとって大きな存在になることでしょう。


     彼のような同僚に参加してもらうことができてわたしたちも心強い。
     この「ば」は,これから更に充実をしていくことになるでしょう。


    数理言語教室 ば
     H.I.
    スポンサーサイト

    theme :
    genre : 学校・教育

    Secret

    カテゴリ

    最新記事

    プロフィール

    数理言語教室 ば

    Author:数理言語教室 ば
     「小学から高校までの12年教育」
    【小1から始めて、集中力、継続力、自発性ある子に】

    ****************

    ■子どもたちは樹の香りのする寺子屋風の教室で、無垢の木の机を囲み、床に座ってのびのびと学習します。

    ■大学受験予備校講師や中学受験指導経験豊富なプロ講師が難関大学突破水準を目指し、12年間をかけて、子ども自身に読ませ、書かせ、考えさせることを徹底するという本来そうあるべき方法で丁寧に指導し結果的に高水準の学力をつけていくことを目指します。

    ■「自分からなかなか始められず、始めても続かない」「親や教師が常に横についていないと、まともに前も向いていられない」といういまどきの手のかかる子ではなく、長期間をかけ、集中力、継続力をつけ、自発的に学習できる子に育てていきます。

    ■設置講座:新小1、2、5、6、中1、3高2。小6年英語。

    ■ベテランプロ講師による医学部東大京大など難関大学、超難関中学受験個人指導、少数限定募集。

    ****************

     高の原駅近くに寺子屋形式の教室を開きます。
     子どもたちが杉の床に座り無垢の一枚板に向かって,たのしみながら,のびのびと学ぶ教室です。

     大学,中学受験のベテランプロ講師が,進学中学高校によらず,東大京大国立医学部など難関大学を目標に,小学1年生から高校3年までの12年間を一貫指導します。

     小手先の受験テクニックの暗記ではなく,長期的視点で「読む」「書く」「聞く」「考える」の基本から丁寧に習得することで,余裕をもって受験も突破するという本来そうあるべき形で学習を進めていきます。

    ※詳しくはお問い合わせください。


    ****************

    南野和俊〔代表「言語」担当〕
    :専門 受験国語

    難関中学,高校受験対策指導のベテラン。

    小学生の国語力を戦略的に着実につけていく指導で人気を博する。これまで関西の有名難関中学に数多くの教え子たちがいます。
    一方で大学受験生の指導も長く,多い。

    東京の超難関有名中高校を卒業後,大学では法学を専攻し,有名銀行での社会人の経験もあります。

    カメラから鉄道まで博覧強記。洋酒をこよなく愛し,パイプのコレクターでもあり,アメリカやイタリアのパイプ作家たちとも親交があります。

    石橋英樹 〔「数理」担当〕
    :専門 受験数学,物理学

    大学時代から20年以上を京都で過ごしてきました。

    大学での専攻は天文学。
    科学全般,思想,文学,文化人類学,社会学、映画論など,多くの分野に関心があります。

    超難関大学受験指導経験が20年以上あり、特に京大や国公立私立医学部には多数の生徒を送り込んできました。

    大人数相手の講義から個別指導まで各形式での指導経験豊富。
    大学受験生はもちろん,大学生,社会人,外国人留学生まで様々な指導経験があります。

    京大トップの学生から,全くの0の学力の学生まで,あらゆるレベルの生徒への指導経験多数。

    妻およびまだ幼い娘、息子、そして猫と暮らしています。

    月別アーカイブ

    リンク

    最新コメント

    日本文学100選

    Twitter on FC2

    RSSリンクの表示

    Twitter on FC2

    淡々と百人一首

      メールフォーム

      名前:
      メール:
      件名:
      本文:

      QRコード

      QR

      フリーエリア

      上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。