11
    1
    2
    3
    4
    5
    6
    7
    8
    9
    10
    11
    12
    13
    14
    16
    17
    18
    19
    20
    21
    22
    23
    24
    25
    26
    27
    28
    29
    30
       

    聖夜

     世の中は、クリスマスイブです。しかしあまり冷え込みませんね。


     昨夜、わたしたち講師陣は、年末の街に集い、明け方まで語り飲み明かしました。
     そこにはこの教室に直接には関係のない方たちも何人も参加するという不思議なメンバー構成だったのですが、旨い酒になりました。そして深い印象の残る場になりました。
     いわば「出会い」もあり「親・子」の再会もありました。このような一夜は、一種の「再生」をもたらしてくれます。

     翌日、皆さんひとつも疲れを見せることなく、それぞれの現場に立っていました。むしろリフレッシュができて、一層元気になったという報告も届いています。

     昨夜の経験は、おそらくわたしたちにも、この教室にも、より充実をもたらしてくれることでしょう。



     本日の授業はこの冬の特別講座第1弾でした。
     春にもこの教室でイベント授業を行ってくれた、京大で化学を専攻するT先生を迎えて、「原子の構造と周期表」という内容です。

     これは夏に行った宇宙シリーズと同系列の位置づけの授業です。このあたりは「皆既日食」で報告しました。


     今日のこれは、空間シリーズの「ミクロな視点」の方になります。


     現代社会を生き、認識していく上で、「原子」という概念は重要です。またさまざまな元素というものの存在の知識も必須のものでしょう。
     小学生たちに、これを紹介し、しかも実際に覚えることもしてもらいました。
     

     まずは地球サイズから、スケールを大きくとって、太陽系のおさらいをしたあとに、逆にスケールを小さくしていき、生物、細胞、分子、原子と分割していく。
     そして、陽子や電子、中性子なども導入しながら、その構造を紹介していきました。


     子ども達が意外とすんなり受け入れていくのには少し驚きました。ややスムーズにやりすぎたのかもしれません。 

     次にさまざまな元素を紹介し、周期表を見せます。そしてこの周期表の並びの意味や見方を教え、いよいよ覚える作業を開始させます。もちろんすべては無理ですから、最初の20個に絞って,時間を与えて暗記させる。

     まずはひとりずつに元素記号をランダムに指定して名前を言わせて確認。合格した子には,今度は逆に名前から、記号を書かせます。
     中にはアルファベットも怪しい子もいるのですが、それでも感心なことに不平も言わず,なんとかそれなりにこなしていました。
    「だいじょうぶ,できるよ」と言われることを読まれているのか,この種の挑戦には慣れてきたのか。
     それも突破すると、最後に,まったく空白の周期表に、名前も記号も順番も自分たちで書かせ完成させる。

     小学3年生は、おおよそこのあたりまででした。やはりアルファベットのハンデが大きいようです。ここまででも立派なものです。
     5年生はさらに進んで、電子の軌道の配置まで一気に教えます。このあたりになると、何だか楽しくなるようで、喜びながらやっていました。


     最初はメンデレ-エフをナンデレ-エフと書き間違えていた子たちも、T先生の的確なサポートもあり、暗唱できるようになりました。お疲れ様。


     というわけで、ご褒美はとても美味しいクリスマスケーキでした。
     近所で、お菓子教室akicakesを開かれているAKI先生の特製ケーキでした。これには子どもたちも大喜び。ほんとうに美味しかった。
     先生、ごちそうさまでした。
     子どもたちにもよいクリスマスになったことでしょう。


     こんな本格的な味は、子どもにはまだ早すぎるんでしょうか?しかし子どもだからこそ、本物を教えなくてはならないということもいえるでしょう。


     今回の「周期表」の講座も同様な狙いではあるわけですが、さてこの「聖夜」の願いはいつか実るのでしょうか?


      ばへのリンク→数理言語教室 ば
     H.I.
    スポンサーサイト

    theme :
    genre : 学校・教育

    うわっ!ご紹介頂き、有り難うございますm(_ _)m

    しばらくバタバタしておりまして、自分のサイト管理とメールチェックのみの日々。私とした事が(笑)遅いレスで失礼しましたm(_ _)m

    いやはや、「ば」の授業は本当に面白くて素晴らしいです!非常ーに長期的な目で子供達を教育して頂いているのがわかります。

    ついでに舌の教育もいたしましょう!(笑)嘘、いつわり、ごまかしの無い素材のみで生かした味を...♪

    有り難うございましたm(_ _)m

    コメントありがとうございます。

     ケーキをありがとうございました。

     教室で箱を開けた瞬間に,部屋中にいい香りがひろがりました。
     普通にお店で買ってきたものではこの新鮮さはなかなか得られません。
     ケーキの生クリームが苦手だと言っていた子も,ぺろりと平らげていました。良質で本物の生クリームだからだと思います。
     ごちそうさまでした。
    Secret

    カテゴリ

    最新記事

    プロフィール

    数理言語教室 ば

    Author:数理言語教室 ば
     「小学から高校までの12年教育」
    【小1から始めて、集中力、継続力、自発性ある子に】

    ****************

    ■子どもたちは樹の香りのする寺子屋風の教室で、無垢の木の机を囲み、床に座ってのびのびと学習します。

    ■大学受験予備校講師や中学受験指導経験豊富なプロ講師が難関大学突破水準を目指し、12年間をかけて、子ども自身に読ませ、書かせ、考えさせることを徹底するという本来そうあるべき方法で丁寧に指導し結果的に高水準の学力をつけていくことを目指します。

    ■「自分からなかなか始められず、始めても続かない」「親や教師が常に横についていないと、まともに前も向いていられない」といういまどきの手のかかる子ではなく、長期間をかけ、集中力、継続力をつけ、自発的に学習できる子に育てていきます。

    ■設置講座:新小1、2、5、6、中1、3高2。小6年英語。

    ■ベテランプロ講師による医学部東大京大など難関大学、超難関中学受験個人指導、少数限定募集。

    ****************

     高の原駅近くに寺子屋形式の教室を開きます。
     子どもたちが杉の床に座り無垢の一枚板に向かって,たのしみながら,のびのびと学ぶ教室です。

     大学,中学受験のベテランプロ講師が,進学中学高校によらず,東大京大国立医学部など難関大学を目標に,小学1年生から高校3年までの12年間を一貫指導します。

     小手先の受験テクニックの暗記ではなく,長期的視点で「読む」「書く」「聞く」「考える」の基本から丁寧に習得することで,余裕をもって受験も突破するという本来そうあるべき形で学習を進めていきます。

    ※詳しくはお問い合わせください。


    ****************
    石橋英樹 〔「数理」担当〕
    :専門 受験数学,物理学

    大学時代から20年以上を京都で過ごしてきました。

    大学での専攻は天文学。
    科学全般,思想,文学,文化人類学,社会学、映画論など,多くの分野に関心があります。

    超難関大学受験指導経験が20年以上あり、特に京大や国公立私立医学部には多数の生徒を送り込んできました。

    大人数相手の講義から個別指導まで各形式での指導経験豊富。
    大学受験生はもちろん,大学生,社会人,外国人留学生まで様々な指導経験があります。

    京大トップの学生から,全くの0の学力の学生まで,あらゆるレベルの生徒への指導経験多数。

    妻および小学制の娘、息子と暮らしています。

    月別アーカイブ

    リンク

    最新コメント

    日本文学100選

    Twitter on FC2

    RSSリンクの表示

    Twitter on FC2

    淡々と百人一首

      メールフォーム

      名前:
      メール:
      件名:
      本文:

      QRコード

      QR

      フリーエリア